世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

雑件・その他いろいろ

全日空プレミアムクラス1年無制限乗り放題「ANAプレミアムパス」発売。300万円。

2016/07/22

 
ANAプレミアムパス、金300万円也。

活用方法によってはめちゃくちゃ「とにかく安く旅行」できる、ある意味恐ろしいパスが全日空から発売された。それがこのANAプレミアムパスだ。

puremiumpass.jpg

どんな内容かというと、

・国内線全てのプレミアムクラスに無制限で搭乗できる。
・プレミアムクラス以外にエコノミークラスにも搭乗できる。
・そのくせプレミアムクラスが設定されてない路線には搭乗できない。いじわる。
・会員専用予約デスク「プレミアムデスク」のサービス。
・空席待ちの優先予約サービス。
・国内線予約の優先販売。
・国内線普通席の前方座席予約サービス。
・専用チェックインカウンター。
・専用セキュリティチェック(羽田のみ)
・手荷物のプライオリティサービスと重量制限の緩和(35kg)
・空港ラウンジの利用。

これらのサービスを1年間受けることができ300万円だ。
もちろんパスを複数の人間が使い回すことはできない。

我々一般人にはまず高いのか安いのか良く分からないが、ちょっと頭を冷やして考えれば分かる。ただごとではなく安い。

例えば羽田から沖縄那覇までエコノミークラスで片道39500円、プレミアムクラスだと44500円。本当は割引きを考慮しなければいけないのだが面倒なので往復約90000円と考える。すると、パスの300万円のモトをとるには、33回往復すればよい。もちろん毎日往復してもかまわない。いや、購入者の方には是非毎日往復していただきたい。約90000円x365日でなんだか知らないが3000万円分くらい飛べる。

札幌や沖縄に住んでいる人には、是非毎日の相互訪問をお勧めしたい。東京/那覇の運賃44500円+東京/千歳の運賃37500円 x 2 と、1日1往復4フライトで164000円、1年で59860000円…え、えと、ごせんまんえん分飛ぶことができる。いや、ほとんど6000万円分だ。6000万円分飛ぶことができるのに300万円なのだから、プレミアムパスは間違いなく安い。

あはは、安い安いと喜んでいたら同じ考えの人も多かったようで、第1回販売分と追加販売分の150枚は売り切れてしまった。次回販売は、2008年6月1日から、100枚の限定なので本気で欲しい人は朝イチで申し込んだ方が良いだろう。間違いなく売り切れる。

まぁ毎日那覇へ往復は馬鹿馬鹿しいにしても、毎日おおよそ好きな場所に飛行機で飛ぶことが出来て300万円はそんなに悪い話ではない。増して退職などで時間に余裕もあり、バブル崩壊前にリタイアでき一番おいしい思いをしている現在ご高齢の皆さまには悪くないだろう。しかもこの世代には未だ「飛行機=贅沢」の印象が焼き印の様に刻まれているので、下の世代より割安感は数倍は大きい。と思う。

実際のところ飛行機に繁忙期でもないのに普通運賃だけで乗るまぬけはそう多くなく、前述した普通運賃での換算は半分詐欺なので鵜呑みにしないでいただきたいが、でもやっぱり安いことには間違いがない。

真面目に書くと「日本国内のほとんどの場所に、飛行機で好きなように行くことができる1年間が300万円で買える」と考えるべきなんだろう。

puremiumpass_up.jpg

と、ここまでは「ちょっと良い話」で終わったが、それではブログが廃る。
生臭い話をしよう。

プレミアムパスの威力は「事実上飛行機乗り放題の1年間」だけではない。この乗り放題のフライト、実はマイルが貯まるのだ。脂ぎった計算をしてみよう。

羽田から那覇までのフライトマイルは1084マイル、往復で2168マイルだ。x 365だと 791320マイル。約80万マイルだ。1マイルの価値はおよそ1~3円と言われているので、この節に従えば80-240円分のマイルが貯まることになる。千歳/那覇なら123万7000マイル、毎日死ぬ気になって日程的に可能なルートで5,6回飛べば200万マイルくらい稼ぐことができるだろう。

あ、忘れてた。プレミアムクラスには50%のボーナスマイルがつくんだった。
上の計算5割り増し。

しかしこうやって溜めたマイルで無料航空券が欲しくなるとは絶対に思えない。
1年後には飛行機も空の旅も苦痛になっていて、もっとも効率の悪い「電子マネー Edy への交換 (10000マイル=10000円)」で使い切ってしまいそうな気もする。もちろん性根が据わっている皆さまは根性で2~300万マイル貯め込んで、1年が経った後にも国内・海外好き勝手に旅行しまくるのかもしれない。プレミアムパスもマイルを貯めるための仕事となりそうな気がする。

その気になれば2,300万マイルくらいは稼ぎ出すことができる、つまり意外とモトを取ることの簡単なプレミアムパス、あなたもチャレンジしてみては?

私? 私はもちろん普通に働く。
しかし定年を迎えていたら、70%位の確立でマイル稼ぎの仕事にでただろう。スポーツクラブあたりで周囲を観察すると、定年後は恐ろしく暇そうな気もするからだ。いざとなったら、日長飲み放題のドリンクでも飲みつつ空港ラウンジで過ごせば良い。私は性格が悪い老人になりそうなので、きっとその方が家族も喜ぶだろう。

にほんブログ村 旅行ブログへ


アドセンス関連コンテンツ

関連記事と広告

-雑件・その他いろいろ

スポンサーリンク