世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

国内旅行

旅のリアルタイムメモ、観光客が十勝でしかできない/するべきこと9つ

2016/08/22

 
 せっかくだからもう1本十勝ネタだ。
青天が多い農業王国十勝は、「観光地説的にものすごく充実」とは言わないが、日本でも「ここだけしか体験できないもの」が2つある。せっかくなのでタオ島に戻る前に少し紹介しておこう。

・ばんえい競馬

P_20151108_171756.jpg

P_20151108_172047.jpg

P_20151108_172630.jpg

そりを引いた馬が、2カ所の坂を登ってゴールを競うという、世界でも他では見ることができない変則競馬だ。一時は赤字のために潰れそうという話もあったのだが、必死の営業努力を宣伝工作のおかげでなんとか黒字にも直しだそうだ。立派な物だ。帯広に行って日程が合えば、1回くらい見ておいても損はない。世界でここでしか見られないからね。

・思いやりファームの生乳。

 普通牛乳は牛から搾り出した生乳を各農家から集め、加熱殺菌されて牛乳となる。加工前の絞りたて生乳は一般に消費者は飲むことができないのだが、ここ想いやりファームだけでは、全国で唯一生乳を飲むことができる。

P_20151109_100730.jpg

P_20151109_101223.jpg

P_20151109_101108.jpg

P_20151109_101218.jpg

P_20151109_101505.jpg

生乳を商品として提供できるようになるまでには、色々ご苦労もあったようだ。しかしその甲斐が会ってここでは生乳を頂くことができる。一瓶540円と安くはないが、「日本中でここでしかできない体験」なので、酪農や乳製品に関心のある人は、がんばっていくべきだと思う。法律も違う国外ならどこかで飲めるのかもしれないけれど、そういう店にはまだ行ったことはない。

以上2つは十勝ならではの貴重な体験だが、まぁ、ここまで完全な地域限定じゃなくとも、「十勝に来たらぜひここには」という場所はまだある。

・インディアンカレー

実はここは十勝以外に釧路にも2軒店があるので「十勝ならでは」といいにくいのだが、1947年からずっとカレー店をやってきた市民の大事な日常食老舗だ。日本風の深みのあるカレーで、おかしなインド風の店構えなんか辞めればいいのに、とすら思う。人気チェーン店や札幌都会風を吹かせるスープカレーなどより、こちらのカレーの方私は好きだ。390円という値段も良い。

P_20151109_111140.jpg

P_20151109_111515.jpg

P_20151109_111535.jpg

豚丼、ぱんちょう

帯広駅前にある老舗の豚丼屋さん。「豚丼」がどう考えても一般名詞に近いため、今では帯広に何軒も豚丼店があってそれなりに評価を受けているが、その元祖がここ。

P_20151108_164041.jpg

P_20151108_164156.jpg

P_20151108_165354.jpg

P_20151108_165412.jpg

昔は甘いたれの豚肉を炭火で焼いて提供する店がなかったため、その味は唯一無二だっただのが、競合他店の出現で老舗としてもうかうかしてはいられない。ただ、ここは接客も感じが良いし、駅前駐車場(30分まで無料、その後1時間100円)が使えるので、駅前のくせにアクセスは良い。他の新興有名店で「このメニューは一見さんには出せないので」とか偉そうなことを言われた記憶もある私には、ここのおばちゃんの接客は快い。元祖豚丼、おいしいです。

・ジンギスカン白樺

 帯広空港近くにあるこの店は、肉がなくなると閉店してしまう(午後には)し、私が帯広に行きやすい月曜が休みなので、なかなかタイミングが合わない。昔は町外れにある地味で安くて畜産大御用達の美味しい店だっただのが、このネット時代にここが放置されるわけがなく、大変な人気店になってしまった。今回は千歳から日勝峠で行ったので、間に合わなかった。無念。

・自分料

日勝峠に入る十勝清水にある昼間しか営業していない蕎麦屋さん。大変な人気店で最近はミシュランにも乗ってしまったらしい。田舎の店がミシュランに乗ると、舞い上がって勘違いをして接客が最低になることもすくなくないのだが(特に北海道の店な!)、ここはまだ気持ちよくそばをいただける。もり700円は良心的な価格だと思うのだが、もう少し長く営業して欲しい物だ。ビート糖工場の近くにあるので、それを目印にすれば良い。

P_20151109_115512.jpg

P_20151109_115636.jpg

P_20151109_120459.jpg

・モール温泉

植物起源の有機質を含んだモール温泉は、十勝川温泉と海外のどこかにしかないという話が飛び交うこともあったが、実は結構日本のあちこちで入ることができる。十勝川周辺の温泉も結構モール温泉だし、2人なら1人2000円代で泊まれる帯広駅前徒歩2分のビジネスホテルもモール温泉の源泉だったりする。まぁ、ここはもし良かったら、程度だな。

・タウシュベツ川橋梁

「タウシュベツ川橋梁(タウシュベツがわきょうりょう)[1]は、北海道上士幌町の糠平湖にあるコンクリート製アーチ橋。名称に関しては「川」を省略したタウシュベツ橋梁という通称が近年見られるようになったが、鉄道橋としての本来の正式名称ではなく、また上士幌町や保存会も正式名を継承している。
よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映ると眼鏡のように見える。またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持つ。古代ローマの遺跡を思わせるその姿は、周辺の景色とも調和しているとされる。第1回北海道遺産に選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つである。」
https://goo.gl/1e1XaF

ここは昔バイクのブログで紹介したので、そちらを見て欲しい。

CapD20151111_1.jpeg

 ばんえい競馬、温泉、鉄橋をのぞいて、全て食い物屋で申し訳ない。私の場合、お菓子に関心を持たないので、その辺は各自で調べて頂きたいが六花亭とクランベリーは定番なんだろうな。私の興味はごはんで、上に紹介した食事処は、十勝ならではでかつ後悔することのない店だと思う。

↓↓ ランクアップを楽しみに書いています! ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけるとうれしいです! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

関連記事と広告

-国内旅行

スポンサーリンク