世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

国内旅行

マイレッジプラス10000マイル GW国内線祭り5 長崎空港から外海インまで、大村湾北側を回って走った件

2016/08/22

4月29日 長崎空港から長崎市外海までレンタカーで走る

今夜の目的地は、長崎市外海(旧外海町)だ。

長崎空港から外海に向かうには、高速を利用すれば1時間15分なのだが、高速を使わないと、大村湾の南を行こうと北を行こうと、約1時間半という数字がgoogle mapより提示される。

今回は、大村湾の北側を行くルートを取った。まるで理由がないわけではないが、帰路に南側を通るからでもあった。レンタカーは大村湾東岸を北上し、ハウステンボスに着く。

Jpeg

 

はい、ハウステンボス通過。

 

ハウステンボス周辺には、地味に興味深い見学スポットが多い。ハウステンボス駅から500m程南にいった隣駅の南風崎駅は、佐世保・浦東にあった引揚者入所施設から故郷に戻るときに使われた駅であり、浦東にはその記念館もある。東に500m少し行くと、戦時中に国民学校の子どもたちが掘った巨大な防空壕兼地下教室である「無窮洞」がある。さらに南下すると針尾送信所という古さも高さも日本一の巨大煙突のような3本の電波塔があり、塔の内部も見学できる。

どこも極めて私好みの見学地なのだが、対馬の砲台跡で体力を使い果たした今回はパスし(とうより、2-3年前にそこはかなり堪能した)、疲れた身を食事で癒やしたいと思う。

 

 

小安丸 (西海市西海町)

Jpeg

 

Jpeg

 

以前地元の方に教わったここの「よくばり丼」(1380円) は、私が西海周辺に来ると必ず食べるメニューになってしまった。なんのことはない普通の海鮮丼なのだが、地元の家族連れもやってくるような雰囲気の良い店で、景色も良い。以前はこれに巨大エビフライをのせたメガ盛り丼やよくばり丼プレミアム等を食べていたが、今はこれに落ち着いている。

Jpeg

 

 

店の裏からは、きれいな夕日が見える。今日は良くがんばったなぁ、だ。

Jpeg

 

 

お腹が満たされたらあとひとがんばり、神浦港にある今夜の宿、外海インに、向かう。

 

 

Jpeg

(撮影は翌朝です)

 

多分、佐世保市南部から長崎市北部までの間、ここは唯一のビジネスホテルだ。ドライブをしていると「どうしてこんなところにビジネスホテルが」と思うような場所でもある。が、ここは神浦港の桟橋前だ。しかも1階(地下1階?)は渡船の切符売り場兼待合室にもなっている。そう、ここは島に渡る人たちや関係者に使われる、いや、使われていたビジネスホテルなのだ。

Jpeg

Jpeg

 

シングルの部屋は広くはないが、清潔で機能的だ。狭さも含め「都市型ビジネスホテル」という気がするが、でも、ここは都市じゃない。長崎の外れ、10年少し前までは外海町と呼ばれていた小さな街だ。

もちろんこんな場所に泊まるのには理由がある。

 

↓↓ 今回は、初回からWordpressで記事を投稿しています ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけると、本当にうれしいです ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

関連記事と広告

-国内旅行

スポンサーリンク