世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

国内旅行

マイレッジプラス10000マイル GW国内線祭り13 長崎→大阪→新潟→成田と、無駄に遠回りをした帰った件

2016/08/22

今日5月1日は長崎から成田に帰る日だ。

もちろん成田への直行便などないため、経由便となるのだが、私は長崎→大阪→新潟→成田、というルートを選択した。この新潟・成田間は全日空がDHC8-Q400を飛ばしていて、これも是非乗ってみたい。というか、新潟ー東京なんて鉄道かバイクでしか移動したことがないので、ぜひ空路も使ってみたいじゃないか。1日3フライトも修行っぽくって良い。

 

長崎 800発 伊丹920着、全日空782便

Jpeg

Jpeg

Jpeg

まぁ普通の737で飛ぶ普通の国内線、だな。伊丹空港に9:10に到着し、乗り継ぎ便は9:30発、これじゃ外出どころかゲートから遠くに行くこともできない。窓から外を眺め、土産物屋で大阪を感じる。

Jpeg

 

Jpeg

はい、大阪終了。次っ!

 

 

伊丹 9:40発 新潟1045着、全日空513便

Jpeg

Jpeg

 

予約システムが、国内線とはいえ僅か20分の乗り継ぎ時間を提示したとき、「本当に大丈夫なのか?もし、少し到着が遅れたら乗り継げないんじゃないか?」と若干心配したのだが、それは杞憂だった。この新潟行き513便は、伊丹にやってきた782便の機材そのもので、私は2フライト続けて同じ飛行機に乗ることになっていた。正直、ちょっとつまらない。日頃あまり飛ばないルートなので窓の外を眺めるのだが、あいにくの曇り空だ。残念。

Jpeg

 

 

全日空513便は、定刻に新潟に到着した。次の便の出発まで約4時間ある。

 

Jpeg

 

新潟の4時間で何をしようか、私はかなり悩んだ。普通ならバスで街の中心部に出て、観光スポットの1カ所も見てから名物でも食べてバスで帰ってくるところなのだが、あまりに普通すぎてちょっとつまらない。何かおもしろいプランはないかと調べてみると、空港から3km程歩いたところに、新潟市でもトップクラスの人気を誇るラーメン店があることが分かった。ラーメン滋魂と言う店だ。

ここの岩海苔中華そばは、地元では大変な人気らしい。4時間の乗り継ぎと言っても実際にゲートにいるべき時間を考えると正味3時間半。1時間に2本のバスを待って30分をかけて街に出て駅前に出るなら、時間の読める徒歩で人気ラーメン店に行くのも悪くはない。

Jpeg

Jpeg

 

大正解だった。とてもおいしい。こんなラーメン、よそじゃ食べられない。

人気ラーメン店、しかもGWの日曜日ということもあって、多少の混雑は予測していたのだけれど、待ち時間は30分程度で済んだ。空港から店への道のりは、見事なくらい「単なる住宅街」で、へそ曲がりな私にはそれがまた良い。地元を散歩するおじいちゃんの気分で、空港までの3kmを歩く。

 

空港ラウンジでコーヒーを飲みゲートへ。ここでGW国内線祭り最後のグルメ、新潟名物ヤスダヨーグルト。滋魂の岩海苔中華そばとこのヨーグルトで私はとても満足した。新潟に来て良かった。

Jpeg

 

 

新潟 14:40発 成田1545着、全日空3240便

Jpeg

Jpeg

 

予約時、機材には"Dash-8"とだけあったが、これは対馬から長崎まで乗ったオリエンタルエアブリッジと基本同じ機材で、派生番号だけが違う。あちらはQ200という39人乗りの機材だったが、こちらはQ400と呼ばれるやや大型の機材で、定員は74人になる。どちらもDash-8なので、レシプロ機で最大運用高度が7500mなのは同じだ。

Jpeg

 

シートは基本2x2なのだが、機体前部には左側にしかシートがなので、なんともいえない小型機感覚が味わえる。NH3240便は「よっこらしょ!」と飛び立った。

Jpeg

 

こうして、私の「GW、春の国内線祭り」は終わった。

 

↓↓ 今回は、初回からWordpressで記事を投稿しています ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけると、本当にうれしいです ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

関連記事と広告

-国内旅行

スポンサーリンク