世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

オーストラリア

旅のリアルタイムメモ オーストラリアのボクシングデーでバーゲンに参戦した件

”Boxing Day”という休日に関して何も知らなかった訳ではない。

といってちゃんと知っていたわけでもなく、私の認識では「意味は知らないけれど英連邦あたりじゃクリスマスの翌日も『ボクシングデー』とかいう祝日で、運が悪いと博物館なんかがクリスマスに続いてこの日もお休みになっている」程度だったのだが、さっき日本語版wikipediaで調べたらこう書いてあった。

「クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから"Boxing Day"と呼ばれる。スペルは同じだが、スポーツのボクシングの意味ではない。クリスマスも仕事をしなければならなかったバトラーはじめ、使用人達に翌日、家族と過ごさせるための休日で、この日は一家の者達は使用人に頼らず自分で全ての家事をしなければならない。また当日、主人が箱に贈り物を入れて彼らに配った。他、クリスマスにクリスマス・カードやプレゼントを届けてくれた郵便配達員にも、労いの意を込めて26日(当日が日曜日の場合は27日)に箱入りのプレゼント(Christmas box)をする。また、バーゲンセールが行われる。」
(
日本語版wikipedia 「ボクシングデー」より引用)

そして、ここオーストラリアではこのバーゲンがかなりの大イベントであるようなのだ。「どうせ買うなら事前に狙いをつけておいてこの日に買う」「この日に向けて貯金しておく」と、アメリカのブラックフライデーに匹敵する、あるいはそれ以上のイベントらしい。楽しみにしていた博物館が休館だった私は、多少打ちひしがれながらバーゲンが行われている市内のアウトレットに行ってみた。

ここ、パース・シティウェストにある WaterTown は主にブランド品を扱うアウトレットで、少し前までは Harbour Town と呼ばれていた。そのため情報が錯綜しているのだが、現在は Water Town が正しい名称だ。市内の無料バス Cat Bus で簡単にアクセスできる。パースの駅前からだとYellow Catが店の入口まで行く。

宿で尋ねたところ、ここはボクシングデーのバーゲンでも人気の店らしい。

なるほど、大変な人出だ。クリスマスで全く人出がなかった昨日とはうって変わった光景だ。店も人出を予想していたようで、スタッフ用のトイレを「臨時お手洗い」として開放している程だ。

ウォータータウンは、ショッピングモールとしては大規模と言うほどではないけれど、それでもそこそこの数の店がある。「ブランドアウトレット」を自称するだけあって、ブランドに無知な私でさえ聞いたことのある名前の店も多い。オープンエア2階建のモールには、スポーツウェア店や服飾店、更には飲食店が並ぶ。お、これは旅行カバンの店か?

 

「本日店内全商品半額」

おしゃれなお洋服とは違い、旅行カバンなら私だって多少の関心はあるし、相場も知らないではない。「今日はどれくらい安いのだろう?」と中を覗いてみる。「定価」が$199のアメリカンツーリスターの軽量キャリーが、半額の$99.5。ただしこれは定価の半額であって、この商品は通常この店では$139で売られているようだ。

 

つまりは、アウトレットとしての通常価格は定価の約30%引き、そしてボクシングデーとしての価格は「定価の半額」と言いつつ通常販売価格の約30%引き。原価率の低いアパレル品程の割引ではないけれど、バーゲンとしてはまずまずの価格だ。現地オーストラリアのディスカウント系ネット通販より、いつもなら$20程高いけれど今日は$10程安い。

なるほど、ボクシングデー侮りがたし、だ。

↓↓ ランクアップを楽しみに書いています! ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけるとうれしいです! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

関連記事と広告

-オーストラリア

スポンサーリンク