世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

イギリス 西ヨーロッパ

2016ロンドン10 ユーロスターのチケットを「早めの予約」で45ポンドで購入した件

2017/03/25

ロンドンで、街や博物館を見ながらだらだらと過ごす。

ATカーニーという世界規模のコンサルティング会社の最新のグローバル都市指標では、ロンドンは「世界1のグローバル都市」とされている。

「グローバル都市指標」とは、「ビジネス活動、人的資源、情報交換、文化的経験、政治的関与の5つの分野にまたがる27の評価基準に基づき、都市の現在の能力を評価」した指標なのだそうだが、1位がロンドン、2位がニューヨーク、そして、パリ、東京、香港、ロサンゼルス、シカゴ、シンガポール、北京、ワシントンと続く。ロンドンは歴史ある大英帝国の首都であるだけではなく、現在も世界のトップを行く巨大都市だ。当然、見るもの、歩く場所は限りなくあり、有名な観光地をじっくり巡るだけでも数日過ごせてしまう。

 

 

2週間の休暇のうち、ロンドンで何日を過ごすかはかなり悩んだ。

私には「どんな街でも最低3泊したい」という思いがある。移動日を除き3泊、つまり中2日あれば、最初の1日は観光地の見学、そしてもう1日は街歩きが楽しめるし、洗濯ものだって3泊すれば何でも乾く。

そしてこの思いは、状況によって「あまり時間がない旅行ではとりあえず3泊できればいいや」という考えに切り替り変わる。都合の良い頭だ(苦笑)。カールサンダースクラスの大人気宿を確保するのには早めの予約が必要なので、どうしても旅行日程も早めに決めざるを得ない。

当初、私は2週間全てをイギリスだけで過ごすつもりでいたのだが、テロが起きたパリの表情も見たい、どうせ南下するならバルセロナでサッカーも見たい、どうせスペインに行くなら帰路の接続時間が良いマドリッドまで行っておこう、と、どんどん日程が慌ただしくなっていったため、ロンドン滞在は個人的に最低基準である3泊となってしまった。「ロンドンなんていつでも来られる」という思いもないではなかった。世界に15ある「グローバルエリート」都市同士、移動しやすいのも事実だ。

 

そして次の目的地はパリ。移動はユーロスターを使った。

 

ロンドンとパリを約2時間で結ぶユーロスターの運賃は、予約時期や出発時刻などでかなりの幅がある。食事のでない2等でも直前の予約だと200ポンド(≒28000円)近くしてしまうけれど、早めの予約だと44ポンド(≒6200円)にまで値段が下がる。問題は、その「早く」が半年前後とか大変な早さであることなのだが、上に書いたLSEカールサンダースの予約だって似たような状況であり、ここには「金がない奴は早めに予定を決めろ」的シビアさがある。私はその「早めの予約」で、公式サイトから45ポンドのチケットを確保した。

 

もちろん予算が少なくても他にも移動手段はある。有名な移動比較サイト Go Euro で検索すれば、 ヨーロッパ内のおおよその最安移動手段が確認できる。バスは直前でも30ポンド台、「早めの予約」なら10ポンド台もある。LCCもなかなか安く、ユーロスターと同水準か場合によってはそれ以下の価格だ。

しかしバスは8時間かかるし、飛行機は空港の場所がロンドンもパリも街からそれなりに遠く交通費もかかる。ロンドン→パリの移動は、安いユーロスターが取れればそれが一番だと思うのだ。LSEカールサンダースからユーロスターのでるKing's Crossまでは地下鉄で2駅、歩いても15分の距離だ。

 

 

車内は極めて快適で、これで2時間なら楽勝だ。1等と違って食事はでないので、TESCOで買った1ポンドのサンドイッチとアイスティーを朝食にする。サンドイッチを食べながら車窓風景を眺めるのは楽しい。なぜか私はバスだと車窓風景をあまり楽しめないのだが、列車だとがぜん楽しくなる。不思議だ。

 

列車はほんの2時間で、パリ北駅に到着した。

今更だけれど、おじさんの私はロンドンとパリの近さに驚く。LCCなんて言葉もなかった1994年のユーロスター開業以前、ロンドンとパリを安く移動するには、バスとフェリーを乗り継ぐしかなく、1日がかりの大仕事だったものだ。それが都心と都心を2時間でつなぐなんて、こんなにありがたいことはない。

宿は個室が良い、長くバスに乗りたくない、高いチケットも買いたくない、などというわがままな要求を、「早めの予約」は全てかなえてくれる。まぁそれを言えばロンドンまでの航空券も事情は全く同じだ。夏の旅行シーズンに往復61000円、燃油等諸費用込み総額80950円で航空券が買えたのも、「早めの予約」のおかげだった。

 

しかしこれは、言い換えれば「いきあたりばったりの旅行は高くつく」ということにもなる。どちらかというと「いきあたりばったり」の旅行を好む私としては、結構悲しい。でも、仕事もあって好きなだけ時間が取れない今、ある程度の快適さを最安値で買うために、「早めの予約」は必須条件になってしまっている。

大幅値引きのバーゲンを狙うならますますだ。時間もお金もない私は、しばらくの間「早めの予約」で時間とお金を節約するしかない。実は昨日、12月の航空券を買ってしまった程だ。いくら安いからって10ヶ月前に航空券を買うって、我ながらどうしたものかなあと少しは思わないでもないのだけれど、これが9月には倍近い値段になったりすることもあるわけで、現状ではどうしようもない部分もある。

これがネット時代、なのかなぁ…。

↓↓ ランクアップを楽しみに書いています! ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけるとうれしいです! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

関連記事と広告

-イギリス, 西ヨーロッパ
-,

スポンサーリンク