世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

旅の道具

旅の道具3 出先でストイックに文章だけを書く

 
任天堂DSiが、工夫ひとつで旅先の最強お楽しみマシンに変わることを前回書いたが、今回はその正反対、ストイックに文章だけを書くためのツールだ。

事務機メーカのキングジムから発売されたものでポメラという。一部でかなりの人気だったが、最近品薄状態が少々改善し、27000円の定価も1万円台にまでこなれてきた。

pomera_view.gif

私は以前モバイルギアというツールを使っていた。
時代とともにどんどん付加機能がついてしまったが、最後まで使ったのはMobile Gear for Docomoという、乾電池で動くモノクロ機だった。これをMS-Dosで使えるように改造し、Vzエディタを使うのは大変快適だった。

しかし時代は流れ、モノクロ液晶なんて安い電子辞書でしか見られなくなった今、キングジムのポメラは画期的な製品となった。

なにしろこいつ、単4乾電池で動くくせに、オートパワーオフモードで400時間連続稼働ができる。もちろんキーを触らないカタログスペックであって、使い続ければ短くなるが、それでも十数時間以上全く問題なくどこでも使い続けることができる。ちなみに起動は2秒だ。

日本語FEPはATOKだ。
MS-IMEが中国あたりで作っているのかどんどん性能が低くなる中、一太郎の伝統を持つATOKが搭載されているのはうれしい。

キーボードもスマートフォンなどの爪でつつくようなものではなく、実用に耐えるサイズだ。

そして小さい。

文章を書くためだけにノートパソコンとACアダプタを持ち歩くのは面倒だという人でも、W145×D100×H30というサイズなら全く苦にならないだろう。ウルトラモバイルを「ポケットに入る」と売り出した某会社は、これを見習って欲しいものだ。

しかし、安くて小さくて電池で長時間動く代償として、低機能だ。

まず液晶はモノクロのVGA(640x480)。4インチだ。
本体メモリには8000文字までのテキストファイルが6ファイルまでしか保存できない。
文章を書く以外、潔いほど何もできない。

しかし出先で文章を書く必要がある人には、最強の武器だ。
別に小説家じゃなくとも、マニュアルや規格書、稟議書などどこでも文章を書けたらと思う人は少なくないだろう。

その証拠にポメラは地味に売れ続けている。

旅先ブログ派の人にも良い。
ネットカフェで文章を書くと思いの外時間がかかる。おかげで余計な料金を取られることもあるだろう。

しかし宿で文章をポメラで書いておき、ネットカフェにデジカメとポメラを持ち込みアップロードすれば、最小の時間でブログを更新できる。

要らない人には要らないが、必要な人には最高なのがこのポメラなのだ。

文章を書くことが仕事の一部である私としても、鼻息あらくお勧めできる、買って損のないツールだ。

にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ お役にたてましたら、ぜひぜひクリックをお願いします。


アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-旅の道具

スポンサーリンク