世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

香港・深セン

魔都香港の誘惑6 沙頭角から出国、沙頭角公路で香港に戻る

 
沙頭角・中英街禁区の何もない東側もさすがに見飽き、香港に戻ることにする。せっかくなのでここは沙頭角から出国してみたい。例の緑色の看板の「往香港」の文字に従い、出入国事務所に向かう。

shatoukaku_toHKG.gif

実はこの時点で沙頭角からの交通情報は全くなかった。
ただ広東省の数都市から香港行きの直行バスが、沙頭角国境を利用しているらしいことは聞いた。一応出入国事務所、出国後の公共交通機関が全くないということもないだろう。などと思っていたら長距離バスが事務所に入っていく。

shatoukaku_bus_in.gif

結構空いている。運が良ければこれに乗れるかもしれない。最悪どうにもならなかったら、また中国に入国すれば良いだけの話だ。とりあえず徒歩での出国を決行する。

shatoukaku_IMGR.gif

沙頭角からの中国メインランド出国は深センの他のイミグレ同様あっけない。この辺はもう日帰り感覚だ。出国後の通路右側にある免税店も全く営業している気配がない。徒歩客の沙頭角イミグレ利用率の低さが分かる。

shatoukaku_dutyfree.gif

通路を登り切った左側に、バスのチケット売り場があった。沙巴特快沙頭角快線の2社がここで香港行きのチケットを売っている。値段は沙巴特快がHK$/人民元共に30、沙頭角快線がHK$/人民元とも35だ。時刻表を見ると、結構便数もある。これは意外だ。多分他の都市からやってきて通過するバスにも客を乗せるのだろう。

shatoukaku_timetable.gif

バスは統制区域の中を走り出す。
進行方向左手に中英街があるはずだと目を皿にする……

-----------------


 
沙頭角・中英街禁区の何もない東側もさすがに見飽き、香港に戻ることにする。せっかくなのでここは沙頭角から出国してみたい。例の緑色の看板の「往香港」の文字に従い、出入国事務所に向かう。

shatoukaku_toHKG.gif

実はこの時点で沙頭角からの交通情報は全くなかった。
ただ広東省の数都市から香港行きの直行バスが、沙頭角国境を利用しているらしいことは聞いた。一応出入国事務所、出国後の公共交通機関が全くないということもないだろう。などと思っていたら長距離バスが事務所に入っていく。

shatoukaku_bus_in.gif

結構空いている。運が良ければこれに乗れるかもしれない。最悪どうにもならなかったら、また中国に入国すれば良いだけの話だ。とりあえず徒歩での出国を決行する。

shatoukaku_IMGR.gif

沙頭角からの中国メインランド出国は深センの他のイミグレ同様あっけない。この辺はもう日帰り感覚だ。出国後の通路右側にある免税店も全く営業している気配がない。徒歩客の沙頭角イミグレ利用率の低さが分かる。

shatoukaku_dutyfree.gif

通路を登り切った左側に、バスのチケット売り場があった。沙巴特快沙頭角快線の2社がここで香港行きのチケットを売っている。値段は沙巴特快がHK$/人民元共に30、沙頭角快線がHK$/人民元とも35だ。時刻表を見ると、結構便数もある。これは意外だ。多分他の都市からやってきて通過するバスにも客を乗せるのだろう。

shatoukaku_timetable.gif

バスは統制区域の中を走り出す。
進行方向左手に中英街があるはずだと目を皿にするが、あまりそのあたりの様子は見えない。

shatoukaku_gate.gif

shatoukaku_bus_window.gif

バスはすぐに香港側出入国事務所に着く。車内には大陸中国、香港特別行政区との出入国に関する説明書きが掲げられていた。

shatoukaku_bus_instrctn.gif

shatoukaku_HKG_IN.gif

shatoukaku_HKG_imgr.gif

** 記事の途中ですが、ランキングアップにご協力下さい、旅行ブログ総合25位以内が夢です! **

車窓は香港だ。たまに村が見える。

このバスが走る沙頭角公路のこのエリアは、香港市民でも許可証を持った人間しか入ることはできない。上水から78Kのバスが沙頭角界隈まで走っているのだが、外国人のみならず許可証を持っていない香港人も、香港と大陸中国の国境緩衝地帯の始まりである「禁区界線」で下ろされてしまう。その「禁区界線」がまさにここだ。

shatoukaku_gate1.gif

shatoukaku_gate2.gif

実は私は過去78Kのバスで、この「禁区界線」で下ろされたことがある。分かっていて乗ったのだが、その時はやはり「このゲートの先が見てみたい」と思った。今回の沙頭角訪問には、沙頭角公路を全線走破するというもくろみもあった。


大きな地図で見る

バスは上水あたりに着くのかと思っていたのだが、なんと九龍糖まで走った。正確には九龍糖駅E出口の近くだ。バスはここから折り返し沙頭角に向かう。ビル1階にあるバス乗り場には、沙頭角同様2社の切符売り場が並んでいた。

kaoloontonE4.gif

kaoloonton_shatoukaku_bus.gif

現在香港と中国深センの陸路の国境には、羅湖、文錦渡、皇崗、沙頭角、深セン湾、福田の6カ所がある。


大きな地図で見る

今回通った深セン湾と沙頭角の国境はその6カ所の中で最も陸路旅行者の少ない国境だ。だからなんだと言うわけではないが、深セン湾は深セン南西部のリゾートエリアに最も簡単に行けるルートであり、沙頭角は中英街の存在を含め最も香ばしい国境だ。便利さだけで言うならMTR東鉄線で素直に羅湖に向かえば良いのだが、たまには別ルートを通ると、また違った国境の姿が見えてくる。

現在東京発香港の相場はここ、大阪発ではここ、名古屋発はここでわかる。

香港のみの滞在で短期間なら、ツアーの方が割安だ。4日間で2万円台からある。

にほんブログ村 旅行ブログへ
↑ 他にはない結構濃い情報をお届けしているつもりなのです…。お役に立てましたら上の[旅行ブログ]のアイコンをクリックしていただけると、このブログのランキングがあがり、私が少し幸せになります。


アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-香港・深セン

スポンサーリンク