世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

国内旅行2

1泊1500円!、長岡市・加藤ゲストハウス

 
実は今回の佐渡激安日帰りツアーは、ついでのお遊びだった。

本来の目的は、この宿に泊まることだったのだ。

katoguesthouse.gif

加藤ゲストハウス

少し前紹介したニッポン放浪宿ガイド250を読み、どうしてもここだけは泊まっておかなければならないと思ったのだ。週末を利用してバイク、の予定だったが、雨のため車を長岡市まで走らせる。

kato_view.gif

kato_dish.gif

ここは1泊1500円で泊まることが出来、以前は1000円だったのだが、今は一人1500円だ。ライダーハウスクラスの価格だが、シャワーも寝具もお借りできる。1000円台のゲストハウスはここ以外だと沖縄と北海道にしかないのではないだろうか。

この写真だけ見ると、新潟の山奥にあるような印象を受けるが、実は長岡市のJR来迎寺駅から直線距離で500m程…

 


 
実は今回の佐渡激安日帰りツアーは、ついでのお遊びだった。

本来の目的は、この宿に泊まることだったのだ。

katoguesthouse.gif

加藤ゲストハウス

私はここに連泊して佐渡に行った。

少し前紹介したニッポン放浪宿ガイド250を読み、どうしてもここだけは泊まっておかなければならないと思ったのだ。週末を利用してバイク、の予定だったが、雨のため車を長岡市まで走らせる。

kato_view.gif

kato_dish.gif

ここは1泊1500円で泊まることが出来、以前は1000円だったのだが、今は一人1500円だ。ライダーハウスクラスの価格だが、シャワーも寝具もお借りできる。1000円台のゲストハウスはここ以外だと沖縄と北海道にしかないのではないだろうか。

この写真だけ見ると、新潟の山奥にあるような印象を受けるが、実は長岡市のJR来迎寺駅から直線距離で500m程、住宅街の一番山側にある。


大きな地図で見る

このお宅には庭にログハウスがあり、宿泊客はまずここに案内される。

kato_loghouse_view.gif

kato1.gif

中には二つのロフトベッド、コタツのほかテレビもある。
冬はここが一番暖かい部屋なのだそうだ。コタツに加えて石油ストーブも入るらしい。ただし冬期は暖房料500円が別途必要だ。

kato2.gif

kato3.gif

ここには4人まで泊まることができるが、次の客は本宅の右側二階に泊まることになる。昔土間だったエリアを改装した部分で、1階には加藤さん宅のリビングと浴室がある。宿泊エリアは2階だ。

kato4.gif

ここはオーディオルームと紹介されていて、4名就寝可能だ。

更にとなりには囲炉裏の部屋もある。ここも4名泊まれる。

kato5.gif

更にここの次には、仏間にも泊めていただける。

つまり最大16人までは宿泊可能なのだ。

正直私には囲炉裏の部屋か仏間・オーディオルームの方が魅力だったのだが、ここは加藤さんご一家の生活エリアだ。旅行者は、まず庭のログハウスに案内されて当然だろう。トイレとシャワーは本宅の中だがいつでも利用できる。シャワーはご家庭のお風呂であって湯船もあるが、旅行者がルール通りシャワーだけの利用にしたい。水の冷たい地域で風呂を沸かすと2-300円の水道代と燃料代がかかるはずだ。シャワーが有料のゲストハウスも多い中、無料で使わせていただけるだけでありがたい。

オーナーの加藤さんは、当然のようにもとバックパッカーだ。

日本に気軽に泊まれるゲストハウスがあまりないことから、新潟県長岡市来迎寺のこの地のご自宅を、ゲストハウスとして開放している。

旅行者はそのご厚意に素直に感謝すると同時に、ルールとマナーを守ってお世話になりたい。例えば、

・電話は夜6時以降か、午後12:30前後にする。
・使った部屋は軽く掃除してゴミは持って帰る。
・電気やお湯を節約する、

など、ごく普通の気配りだ。

最初の電話についてはウェブサイトに書いているが、あとは私が勝手に付け加えた。常識だという気もするが、世の中人もいろいろだ。1500円位で感謝の心を忘れ宿泊客気分に浸る人もいるし、実際それに嫌気をさして閉鎖してしまったライダーハウスもかつてあったのだ。

加藤ゲストハウス
電話:0258-92-6536(午後12:30頃、あるいは夜6時以降)
〒949-5411 新潟県長岡市来迎寺甲1355

ここにはイーモバイルの電波も入る。

にほんブログ村 旅行ブログへ
毎回、ただの日記ではない、何かガイドブックなどには載っていない情報を必ず書くように心がけています。↑気に入っていただけたら上の[旅行ブログ]のアイコンをクリックしていただけると、このブログのランキングがあがり、私が少し幸せになります ^^;
ついでに、ブログ更新の意欲もわきます。

旅行ブログランキングはこちらです。


アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-国内旅行2

スポンサーリンク