世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

香港・深セン

旅行メモ@深セン 「団地を改造したビジネスホテル」

中国のビジネスホテルチェーン

この前少しだけ中国のビジネスホテルチェーンついて書いた。
書いたのは如家酒店(Home Inn)だったが、他にも錦江之星(Jin Jian Inn)莫泰168(Motel 168)(*値段によってMotel268などと名前を変える)汉庭酒店(Hanting Inn & Hotels)7天酒店(7Days Inn、ってパクリ?w)など、探せばもっとあるのかもしれない。汉庭酒店以外には全て泊まったことがあるが、どこも一定以上の清潔さと質を保ちつつ、値段は地域によるがおおよそ100元台(有料会員になって半ば)から200元台と、なかなか利用しやすい。ほとんどがネットが無料なのもうれしい。速度は遅めだけれど。

shenzhen_7days_00.gif
これはアモイ華僑博物館側の如家酒店。

そしてどこも店舗数を増やすことに躍起になっている、気がする。

アモイの如家酒店火車駅前では、「うちは中国に800以上のホテルがありますから」と少し自慢げに言っていた。どこも会員になるのは有料なので、国内のあちこちに店舗がないと会員のメリットが少ない、という事情もあるだろう。

だから、なんとか一定の質は保っているが「???」と首をひねる宿も中にはある。今回深センでチェーンホテルのそんな店舗にあたったが、おいおい旅行記に書くとしよう。どうせ九州の旅行記1弾目も終わったし、二つ三つの旅行記を同時に書く方が、私的には目先が変わって良い。

ホテルの数を増やすには出来合いのホテルを買い取るのが手っ取り早い。

兵館/招待場程度の安宿でも、一定の基準に合えばリノベーションすることによって自分のホテルに改造できるし、イチから作るよりかなり手っ取り早い。それまで無名の安ホテルだった場所も、リノベーションで部屋を質を上げ一定基準の清潔さを維持し、そしてチェーンのネームバリューを利用すればネットで予約が入る宿になってしまう。

深センでバスに乗っていたら、こんな光景が目に入ってきた。

shenzhen_7days_01.gif

深セン地下鉄華強路駅近くにあった7Days Inn / 7天深圳华强店

shenzhen_7days_02.gif

これ、どうみてもお隣と同じ様な団地を改造してませんか?

というか、団地をどうリノベーションすればホテルになるのが、強い興味がわく。次の機会にはぜひ泊まってみたい宿だ。場所も地下鉄華強路駅そば、今やもしかしたら世界でも最大規模の電脳街になった華強北路のすぐそばと、その筋の方にとっては絶好のロケ-ションだ。

人気ブログランキングへ  
↑↑ 旅行メモなので記事短いです。^^; 投票していただけるとうれしいです。 ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-香港・深セン

スポンサーリンク