世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

旅の道具

久々に本気で欲しいと思った腕時計、世界初のスマートウォッチ "I'm Watch"

 
デジタルがジェットが大好きで、旅先にもいろいろなものを持って行く。

個人的に「旅行カバンは機内持ち込みできるサイズ一つだけ」を原則にしているので、カバンの要領にはそんなに余裕があるわけではないのだが、それでもいろいろ詰め込んでしまう。ちなみに昨年夏の時点での旅先での装備はこんな感じだった。

i'm watch.gif

これから1年少ししか経っていないが、装備内容は微妙に変化している。

まず lenovo ネットブック、idea Pad S9をS10-3に買い換えた。別にS9が壊れたわけではないが、どうしてももう1台ネットブックを買う必要があり、そうなると2万円台で買えてしかも更に薄く軽くなったS10-3がベストの選択だったのだ。EeePCなどに走らなかったのは、S9が予想以上に丈夫でよく働いてくれたからだ。

iPodはiPad2の導入と同時に引退し、自動車専用オーディオとなった。またDSiも同時に引退した。iPad2恐るべし、である。

一応海外用の携帯電話であった日本のキャリアは解約済みのS21HTもバッテリーが消耗しないように気を遣いながら管理はしているが、どうしてもiPhoneを使ってしまう。iPodがでるまではアップル製品を使うことがほとんどなかった私だが、気がついたら身の回りがりんごマークだらけになってしまった。まぁ優れたモノなら毛嫌いする必要はない。

デジタルガジェットが大好きな私をしては、腕時計も「時間が分かればよい」だけでは満足できなかった。過去何度か旅の道具というカテゴリで私が決して大きくはない旅行カバンに詰め込む道具類を紹介してきたが、腕時計に関してはずっとプロトレックを愛用してきた。理由は簡単、丈夫で方位磁石を内蔵しているからだ。

しかし最近、私的に喉から手が出るほど物欲を刺激する腕時計が発表された

正直「もう新しい腕時計なんか要らないか、その辺の100均で適当なの買っておけばいいもんね」的に思っていた自分としてはかなり意外だった。それが…

----------------------(全文はここから)

デジタルがジェットが大好きで、旅先にもいろいろなものを持って行く。

個人的に「旅行カバンは機内持ち込みできるサイズ一つだけ」を原則にしているので、カバンの要領にはそんなに余裕があるわけではないのだが、それでもいろいろ詰め込んでしまう。ちなみに昨年夏の時点での旅先での装備はこんな感じだった。

i'm watch.gif

これから1年少ししか経っていないが、装備内容は微妙に変化している。

まず lenovo ネットブック、idea Pad S9をS10-3に買い換えた。別にS9が壊れたわけではないが、どうしてももう1台ネットブックを買う必要があり、そうなると2万円台で買えてしかも更に薄く軽くなったS10-3がベストの選択だったのだ。EeePCなどに走らなかったのは、S9が予想以上に丈夫でよく働いてくれたからだ。

iPodはiPad2の導入と同時に引退し、自動車専用オーディオとなった。またDSiも同時に引退した。iPad2恐るべし、である。

一応海外用の携帯電話であった日本のキャリアは解約済みのS21HTもバッテリーが消耗しないように気を遣いながら管理はしているが、どうしてもiPhoneを使ってしまう。iPodがでるまではアップル製品を使うことがほとんどなかった私だが、気がついたら身の回りがりんごマークだらけになってしまった。まぁ優れたモノなら毛嫌いする必要はない。

デジタルガジェットが大好きな私をしては、腕時計も「時間が分かればよい」だけでは満足できなかった。過去何度か旅の道具というカテゴリで私が決して大きくはない旅行カバンに詰め込む道具類を紹介してきたが、腕時計に関してはずっとプロトレックを愛用してきた。理由は簡単、丈夫で方位磁石を内蔵しているからだ。

しかし最近、私的に喉から手が出るほど物欲を刺激する腕時計が発表された。

正直「もう新しい腕時計なんか要らないか、その辺の100均で適当なの買っておけばいいもんね」的に思っていた自分としてはかなり意外だった。それがイタリア・ミラノのBlue Sky Srl社が発表する "I'm Watch" だ。

i'm watch_01.gif

「発表した」ではないのが、正式な発表は来月の25日、カリフォルニア・サンタクララで行われる "The ARMレジスタードマーク Technology Conference" であるためだ。しかし I'm Watch のサイトでは、かなりの情報が公開されている。

i'm watch_03.gif

i'm watch_02.gif

お、動画もあったぞ。

価格は普及版が299ユーロ(約32500円)、チタニウムのちょっと高級版が599ユーロ(65100円)、多分富豪様向けの"GOLD"が11999ユーロ(約130万円)、これにダイヤをあしらうと14999ユーロ(163万円)で、当然普及版以外に関心はわかない。

詳細なスペックは不明だが、Androidベースの端末で、Bluetooth で iPhone や Android 端末を通信できるらしい。これはSony Ericsson の Live View と大変よく似ているが、iPhoneで使えるっぽいことと、単体でアンドロイド端末であることから、使い勝手は良さそうに思える。

I'm Watchのサイトには "Pre Order" というスイッチがあって、50%のデポジットで予約注文ができる。最初の出荷で届けられる約束の他、50ユーロの割引、特に欲しくもない I'm Watch のTシャツが送られてくるらしい。

i'm watch_04.gif

オーダーしちゃった。

i'm watch_05.gif

発送は11月30日らしい。送料は購入者負担でDHLなどを使うようだ。まぁたいした金額じゃない。プリオーダー割引の50ユーロでたっぷりお釣りが来るはずだ。むしろ問題は、イタリア人がちゃんと納期を守るかどうか、だなぁ…。

 人気ブログランキングへ
↑↑ 良かったらクリックお願いします。↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-旅の道具

スポンサーリンク