世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

老眼CK手術と電子書籍リーダー(私は裸眼で電子書籍/ガイドブックを読もうと思う)

忌々しい老眼を、CK手術でなんとかしてみた件 その1

 
仕事柄、パソコンのモニタや活字を多く見ている。

こどもの頃から視力が高かった私は、老眼(正確には「老視」と言うらしい)の症状が出るのが早かった。一昔前までは裸眼でなんとか仕事が出来ていたのだが、最近では100円均一でまとめ買いした老眼鏡を職場や家にばらまいて、何かある度に老眼鏡のお世話になる状態になっていた。強度の老眼という訳ではない。買うのは1.0と最も度数の低いものだ。

老眼とは、眼球の水晶体が老化により弾性が失われるために起こる現象で、近くのものに目の焦点を合わせることが出来ない状態を言う。日常生活に支障が出る程の症状が現れるのは40才前後からなのだが、実際には20代からこの能力はじわじわと衰えていくものらしい。デジカメのマクロ機能がどんどん衰えていくようなものだな。あ、それは故障ですかそうですか。

一番度の低い老眼鏡をかければ読み書きはできるし、それが日本中どこでも100円で手に入る時代に居合わせたのは幸運でもあったが、それでも多少の問題があった。老眼鏡を長時間かけた時の頭痛だ。老眼鏡をかけて作業に集中すると2時間もしないうちに頭が痛くなってくる。安物を使っているせいかと思って眼鏡専門店でちょっとお高いものも作ったのだが、始める時間は多少違っても頭痛が起きることに違いはなかった。

無精な私は眼鏡を持ち歩くのも嫌だった。だから100均の安い老眼鏡をあちこちにばらまいていたのだが、にもかかわらす眼鏡がなくて困ることも少なくなかった。せっかく携帯もiPhoneにして、iPad2など各種デジタルコンテンツビューワがどんどん充実していくのに「眼鏡がなければどうにもならない」では多少残念だ。もちろんちゃんと気をつければ持ち忘れることはないはずなのだが、そんな計画的な生活ができるのなら今の私はない

eye_sgry_02.gif

とまぁ、近くを見ることに関しては多少不自由な生活を送っていたのだが、ある日同僚が老眼の手術を受けた。今はやりのレーシックだ。正確にはカメラレーシック、あるいはカメラインレーと言うらしい。話を聞くと手術は簡単で、私以上の老眼だったくせにこれ見よがしに裸眼で文庫本などを読んでみせる。なんとまぁ憎たらしいではないか。正直私の心は…


 

---------------------(全文はここから)

仕事柄、パソコンのモニタや活字を多く見ている。

こどもの頃から視力が高かった私は、老眼(正確には「老視」と言うらしい)の症状が出るのが早かった。一昔前までは裸眼でなんとか仕事が出来ていたのだが、最近では100円均一でまとめ買いした老眼鏡を職場や家にばらまいて、何かある度に老眼鏡のお世話になる状態になっていた。強度の老眼という訳ではない。買うのは1.0と最も度数の低いものだ。

老眼とは、眼球の水晶体が老化により弾性が失われるために起こる現象で、近くのものに目の焦点を合わせることが出来ない状態を言う。日常生活に支障が出る程の症状が現れるのは40才前後からなのだが、実際には20代からこの能力はじわじわと衰えていくものらしい。デジカメのマクロ機能がどんどん衰えていくようなものだな。あ、それは故障ですかそうですか。

一番度の低い老眼鏡をかければ読み書きはできるし、それが日本中どこでも100円で手に入る時代に居合わせたのは幸運でもあったが、それでも多少の問題があった。老眼鏡を長時間かけた時の頭痛だ。老眼鏡をかけて作業に集中すると2時間もしないうちに頭が痛くなってくる。安物を使っているせいかと思って眼鏡専門店でちょっとお高いものも作ったのだが、始める時間は多少違っても頭痛が起きることに違いはなかった。

無精な私は眼鏡を持ち歩くのも嫌だった。だから100均の安い老眼鏡をあちこちにばらまいていたのだが、にもかかわらす眼鏡がなくて困ることも少なくなかった。せっかく携帯もiPhoneにして、iPad2など各種デジタルコンテンツビューワがどんどん充実していくのに「眼鏡がなければどうにもならない」では多少残念だ。もちろんちゃんと気をつければ持ち忘れることはないはずなのだが、そんな計画的な生活ができるのなら今の私はない

eye_sgry_02.gif

とまぁ、近くを見ることに関しては多少不自由な生活を送っていたのだが、ある日同僚が老眼の手術を受けた。今はやりのレーシックだ。正確にはカメラレーシック、あるいはカメラインレーと言うらしい。話を聞くと手術は簡単で、私以上の老眼だったくせにこれ見よがしに裸眼で文庫本などを読んでみせる。なんとまぁ憎たらしいではないか。正直私の心は揺れた。迷っている私の姿を見て同僚は言った。

「良かったら割引券あげようか?」

これ、これなんだよ。そりゃ医療だってサービス業だし、ましてや技術料が殆どで保険の効かない老眼治療、こうやって顧客を増やさなければ利益を増やせないことは分かる。でもさ、ネズミ講的に口コミ紹介で患者を獲得して紹介料をというのはどんなもんかなぁ、とどうしても思ってしまう。いや、いけないことだとも思わないんだけどね。

若い同僚などにはレーシック手術を受けた人間も結構いる。感想を聞くとみんな口を揃えて「絶対いいですよ!」的なことを言う。サンプルが10人以下なので確かな事は言えないが、基本的に近視のレーシックはそれなりに確立された技術なんだろうという印象を受ける。しかし老眼の場合はどうなんだろう?

もともと調べることが大好きな性格もあって、老眼手術についてネットやら文献やらでいろいろ調べて見た。当然失敗したケースも含めてだ。いくらコンピュータ技術を駆使した手術だからといって、人間が行うんだから失敗が皆無ということはあり得ない。それに老眼のレーシック(カメラレーシック)はKAMRAインレーなるものを挿入したりと、近視のそれとはノウハウが違う。

数ヶ月暇を見つけていろいろ調べているち、カメラインレー(カメラレーッシク、レーッシクカメラ)意外にも老眼の手術方法があることを知った。CK手術だった。

CKとはアメリカFDA(食品医薬品局)で唯一老眼/遠視の手術として認可されている手術で、Refractec社製のView Point CK systemを使った術式だ。

eye_sgry_03.gif
http://bit.ly/u88sJv

要はView-point CK systemという専用の機器で角膜周辺部に高周波エネルギーを照射し、そのエネルギーで角膜周辺部を収縮させ目の焦点を遠視の状態から補正する、ということらしい。youtubeを検索したらちゃんと動画もあった。さすがFDA認可、って、この一番再生回数が多いものでも2000viewちょっとなのかよ、でもある。専門家しか見ないんだろな。

ちょっと生々しいな、これ。もう少し穏やかなのもあったぞ。アメリカの病院のCMだけど。

このあたりを参考にするに、CKはレーシックと違って、角膜中央部には手を加えないしメスを入れてフラップ(角膜の表面を薄く切ったもの)も作らないようだ。老眼のレーッシク(カメラレーシック)の場合、カメラインレーというリングを挿入するために200ミクロンクラスの厚いフラップを作る必要があるようだが、こっちは高周波を照射するだけだ。レーシックのフラップが激しい衝撃によろしくないのは、今までの調査で知ってはいた。この年で激しいスポーツをすることはあまりないのだが、貧乏小型自動二輪とは言えバイク乗りの私としては、避けることができるならそれにこしたことはない、という思いもある。

俄然興味が沸いてきてRefractec社のNearVision(CK)オフィシャルサイトをじっくり見てみたところ、日本にもCKの認定医が10名いることが分かった。近視レーッシクが1990年にギリシャで初手術されているのに対し、CKは2001年にFDA認証の臨床試験が行われ、その歴史は新しい。何しろFDAの認可を受けたのが2002年なのだ。もっとも他に老眼の治療法としてFDAの認可を受けたものはなかったのだが。(このあたりの歴史は、 Refractec社のこのページが詳しい)

eye_sgry_04.gif

びびりな私としては、角膜をスライスしてフラップを作らない、というだけでも魅力を感じる。しかしどんな治療法にもメリットとデメリットがあるはずだ。できれば専門家から直接話を聞きたい。幸運な事にRefractec社の認定医リストのうち、1人の眼科医にメールを送ることができた。(Refractec社の認定医リストには氏名/住所/電話番号/メールアドレスが記載されている)

 人気ブログランキングへ
↑↑ 良かったらクリックお願いします。↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-老眼CK手術と電子書籍リーダー(私は裸眼で電子書籍/ガイドブックを読もうと思う)

スポンサーリンク