世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

韓国

2012釜山経由対馬6 釜山からJR九州のジェットフォイル"ビートル"に乗って、対馬の比田勝に向かった件

釜山・龍頭山公園近くのエリーゼモーテルからフェリーターミナルまでは直線で1km弱、徒歩で15-20分程度の距離だ。散歩気分で宿から歩く。散歩と言っても日帰りで国境を2度越える訳で、パスポートを持ってのお散歩だけれども。

私がHIS釜山支店でバウチャーを買ったJR九州のジェットフォイル「ビートル」の出発時間は午前9:00。ターミナルには1時間程度前に到着しておくのが正解だ。まずは2階のビートルカウンターで、バウチャーをチケットと交換する。更に釜山の港湾税12200ウォン(約1040円)もここで支払う。往復39000ウォンとかの激安チケットを買えた人だと、この港湾税も結構な金額だと感じる気がかもしれない。往復運賃の1/3だもんな。バウチャーを出し港湾税を支払い、無事ボーディングパスを受け取る。

この日、朝8時台と9時台、釜山から対馬に向かう船は3便あった。ロビーには韓国の団体さんがいっぱいだ。係員が「テマド」言っていたのでこの人達も対馬に行くのだろう。団体さんは係員からお弁当を受け取って出国審査に向かう。

pusan ferry terminal 002.gif

「弁当くらい日本で買っても」とも思ったのだが、激安ツアーとしては、安くとも1人前300-400円はする日本のお弁当は決して安くはないのかもしれない。いや、「お弁当付きで、日本で買えば割高な昼食も不要」みたいな売りなのかもしれない……


 

-------------------------------(全文はここから)--------------------------

釜山・龍頭山公園近くのエリーゼモーテルからフェリーターミナルまでは直線で1km弱、徒歩で15-20分程度の距離だ。散歩気分で宿から歩く。散歩と言っても日帰りで国境を2度越える訳で、パスポートを持ってのお散歩だけれども。

pusan ferry terminal 001.gif

私がHIS釜山支店でバウチャーを買ったJR九州のジェットフォイル「ビートル」の出発時間は午前9:00。ターミナルには1時間程度前に到着しておくのが正解だ。まずは2階のビートルカウンターで、バウチャーをチケットと交換する。更に釜山の港湾税12200ウォン(約1040円)もここで支払う。往復39000ウォンとかの激安チケットを買えた人だと、この港湾税も結構な金額だと感じる気がかもしれない。往復運賃の1/3だもんな。バウチャーを出し港湾税を支払い、無事ボーディングパスを受け取る。

pusan ferry terminal 002.gif

pusan ferry terminal 003.gif

pusan ferry terminal 004.gif

この日、朝8時台と9時台、釜山から対馬に向かう船は3便あった。ロビーには韓国の団体さんがいっぱいだ。係員が「テマド」言っていたのでこの人達も対馬に行くのだろう。団体さんは係員からお弁当を受け取って出国審査に向かう。

pusan ferry terminal 006.gif

pusan ferry terminal 005.gif

「弁当くらい日本で買っても」とも思ったのだが、激安ツアーとしては、安くとも1人前300-400円はする日本のお弁当は決して安くはないのかもしれない。いや、「お弁当付きで、日本で買えば割高な昼食も不要」みたいな売りなのかもしれないな。自分も「対馬で食べると高そうだから」と、ターミナルで2500ウォンの海苔巻きを朝食にしたので、あんまり偉そうなことは言えないけれど。

pusan ferry terminal 007.gif

さて、このわざわざお弁当を持ってまで対馬にやってくる韓国人団体客なのだが、正直日本での評判はあまりよろしくない。元々マナー不足によるトラブルも少なくなかったところに、一部の観光客による例によっての「政治」的なデモンストレーションや仏像事件などで、評判は回復するどころかどんどん悪くなっているのが実態だ。正直言えば、私にも「何かと評判のよろしくない観光客の様子を見てみよう」という気持ちがなかったと言えば嘘になる。 こういうものは自分の目で確認するのがベストだしな。

日帰りで対馬に向かう多くの韓国人客の目的のひとつは、免税品の購入らしい。免税品を購入することで当日の旅費が事実上浮く、と考える人も少なくないようだ。2011年の韓国中央日報の記事にはこうある。

「登山好きのチョ・ホグクさんは12日、週末を迎え長崎県対馬市を訪れた。午前8時20分に釜山(プサン)国際旅客ターミナルから旅客船「コビー号」に乗り1時間45分の午前10時5分ごろ対馬の厳原港に到着した。チョさんは海抜558メートルの有明山に登った後、午後3時40分に厳原港を離れ午後5時30分ごろ釜山に戻った。対馬旅行の経費は50%割引された往復運賃8万5000ウォン(約5746円)しかかからなかった。昼食は家から持ってきたのり巻きで済ませた。

チョ氏は、「外国の山に日帰りで行ってきたというのが不思議だ。免税品を安く購入したので事実上無料で海外旅行に行ってきた」と話した。彼は出発1日前にロッテ百貨店免税店で妻の化粧品40万ウォン分を購入して帰ってきた。化粧品を免税店で市中価格より20%ほど安く購入したため運賃と同水準の8万ウォンほど得したのだ」
http://japanese.joins.com/article/692/145692.html

免税品なんてここ20年位購入していない自分としては、分かるような分からないような話だ。

出国手続きを済ませ、ビートルのある埠頭に向かう。

pusan ferry terminal 008.gif

pusan ferry terminal 009.gif

pusan ferry terminal 010.gif

pusan ferry terminal 011.gif

pusan ferry terminal 012.gif

JR九州が運行するビートルはジェットフォイル(水中翼船)だ。

これは787で大揺れのボーイング社が開発した船体で、型番は"BOEING-929"となる。今回の対馬航路でJR航路を選んだのは、天候が悪くともジェットフォイルなら速いし乗り心地もそれ程悪くはならないだろう、という理由もあった。ジェットフォイルに乗るのは20年ぶり位だ。ちょっとワクワクする。

pusan ferry terminal 013.gif

pusan ferry terminal 014.gif

pusan ferry terminal 015.gif

快適じゃないか!

BSのニュースも流しているし、日本語の新聞や雑誌も置いてある。免税品も売っているのか。買わないけど。

pusan ferry terminal 015.gif

pusan ferry terminal 016.gif

pusan ferry terminal 017.gif

wifiはつながらなかったけれど、これは対馬航路だからかな?出発後/到着前は接続を遮断するんじゃ、対馬航路ではつなげている時間はないよなぁ。

pusan ferry terminal 018.gif

船底では今頃水中翼がぶんぶん回っているんだろうけれど、乗っている分にはよく分からない。とりあえず「この船小さくない割には結構速いじゃないか」程度の印象だ。ジェットフォイルの速度は時速約80km程度で、そうそう大騒ぎするほど速いわけじゃない。いや、速いのかもしれないけれどピンと来ない。乗客としては、船特有の気持ちの悪い揺れがないことがありがたい。あ、船にありがちな燃料の臭いとか、ああいう臭いがないのもありがたかったな。とりあえずこれに乗っているかぎり、ターミナルでこの薬を買う必要はなかったようだ。

pusan ferry terminal 020.gif

ビートルは釜山と対馬・比田勝を約1時間10分で結ぶ。厳原までとなると大亜高速海運のドリームフラワーかシーフラワー2ということになり、所要時間は2時間20-40分だ。ジェットフォイル/比田勝航路は、とりあえず対馬に行きたい人の船酔い対策、と考えることもできない、ではない、気がしないでも、、、ない。


  人気ブログランキングへ

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-韓国

スポンサーリンク