世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

アメリカ プライオリティパス・ラウンジ

典型的アメリカ西海岸家族旅行10 シンガポール航空11便で帰国した件

2017/01/14

今回の旅行は8日間という、決して長くはない日程だった。
うち2日間は移動日にあたるわけで滞在日数は6日間、その6日間でラスベガスやグランドキャニオン、更にはロサンゼルスのテーマパークを二つまわるという、我が家としては結構タイトな日程になった。仕事の都合で2日早く帰った長女に至っては4泊6日だったわけで、結構かつかつの日程だったと思う。長女は空港でチェックインしてもゲートに行くまで座席番号の決まらない、それでいてシンガポール航空より高かったアメリカン航空で一足先に帰国した。

lax 2013 01.gif

しかしこのロサンゼルス4泊6日というのは、団体ツアーなどではよくある日程のようだ。日付変更線を超えての6日間は短いようでいて、その気になればそこそこ観光はできる。長女はラスベガスとグランドキャニオンへのドライブとユニバーサルスタジオハリウッドに連行され、それなりに観光に参加できた。これが現地で送迎がありバスにのせられるようなタイプのツアーなら、車のチェックアウトや宿探しの時間が不要な分、休憩と遊びに時間をシフトできるのだな。なるほど、ロサンゼルスはとりあえず6日間あれば行って帰って観光をすることができる、か。

本隊の4名は、シンガポール航空11便での帰国となる。シンガポール航空は、非米系の国際線が主に利用するトム・ブラッドレー国際線ターミナルでチェックインをする。

lax 2013 02.gif

トム・ブラッドレー国際線ターミナルにはいくつかラウンジがあるが、私の楽天プレミアムカードに無料でついてきたプライオリティパスで使えるのは、スカイチームのラウンジだけだ。写真を撮るために10分ほど入っておく。ここは大韓航空が経営しているっぽい。

lax 2013 03.gif

(スカイチームのラウンジについては、旅のリアルタイムメモで既に紹介しているので、興味にある方はこちらをどうぞ)

SQ11便、ロサンゼルス発成田行き。帰路も2階席にしてみた。

lax 2013 04.gif

シンガポール航空のCAには、積極的に乗客と会話をしようとする印象を受ける。FやCのみならず、Yでもだ。カクテルでシンガポールスリングを作ってもらい食事の飲み物にタイガービールを頼んだら "Thank you for supporting Singapore" と茶目っ気のある笑顔で応えてくれた。接客、うまいよなぁ。

lax 2013 05.gif

lax 2013 06.gif

ちなみに到着前のミールはこんな感じ。

lax 2013 07.gif

他にもスナックやドリンクを何度か配っていて、それはギャレーにも置いてある。私はラップのサンドイッチがおいしくておかわりをした。

lax 2013 08.gif

繰り返しになるが、私は飛行機のサービスについてがたがたいうタイプではない。IL62の最後尾だって何の不満もなく飛ぶことができる。しかし、シンガポール航空のサービスはやっぱり高水準で、水準の高いサービスを受ければ、やっぱり素直に関心してしまう。SQえらいと思うぞ。末娘はというと、アームレストにあるコンセントのおかげでDSのバッテリーが切れないことが、かなりの魅力だったようだ。

lax 2013 09.gif



! にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ !

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-アメリカ, プライオリティパス・ラウンジ

スポンサーリンク