世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

国内旅行2

旅のリアルタイムメモ、「秋の乗り放題パス」と西成の簡易旅館

 
 夏は日本を出てしまうことが多いため、JRの「青春18きっぷ」はあまり使う機会がないのだが、その代わりに「秋の乗り放題パス」(旧鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ)を使うことが増えた。18きっぷとは違い、複数人数で使うことができず、また3日間連続でしか使用できないけれど、7500円(こどもは半額)という安価な金額でJRの普通列車に乗り放題なのが良いし、行楽シーズン真っ盛りである秋の3連休で利用できるのがありがたい。

問題はこの切符でどこへ行くか、だ。ムーンライトながらを使えば九州だっていけるし、盛岡~好摩の別料金630円を支払えば、夜行に乗らなくとも青森にだって行ける。日本の普通列車は優秀だ。

しかし私の場合、ここ数年の目的地は大阪になっている。夜行列車は体力的に辛いし、鉄道に乗ることだけを目的にできるほどの鉄道マニアでもないので、早朝に東京を出れば午後には到着する大阪は、疲れも少なく行きやすい。

そして、大阪の場合、3日間乗り放題7500円にふさわしい安宿が多くある。このブログを書き始めたときにも紹介している、JR新今宮周辺、いわゆる西成・釜ヶ崎エリアにある大阪の簡易旅館だ。

osaka_budget_inn_1.gif

新今宮・西成に多いこの種の簡易旅館は、大体3畳の和室か洋室で1泊1000円から2000円位が主流で、部屋にはテレビくらいはあるし、高めの宿なら冷蔵庫やエアコンもある。トイレと風呂は共同で、風呂は週に1~2回休む宿も少なくない。私が今回泊まっているホテルはまゆうは1泊1500円、部屋に冷蔵庫はないけれどテレビとエアコン(深夜には切れるらしい)がある。日曜日にはお風呂はないけれどシャワーを使うことができる。そして何より、この価格帯の簡易旅館としては、大変清潔にメンテナンスされている。エアコンの件は気になるがこの季節には必要はないし、当たりを引き当てたと言ってよい。

osaka_budget_inn_2.gif

osaka_budget_inn_3.gif

誤解を恐れずに書いてしまえば、結局このエリアの簡易旅館の快適さは、客層とメンテナンスなのだ。ほとんどが3畳一間に共同バストイレという似たようなスペックの中、快適さ=清潔さは上の2点による部分が大きい。そしてここホテルはまゆうは、多分オーナーさんでもある帳場のおばさんがとても親切だし、どこもきちんときれいに掃除されている。ビールも帳場の冷蔵庫で預かってくれるし、極めて快適な滞在だ。

過去、この界隈の簡易旅館には10軒以上泊まったが、「誕生日割引などを除いて3000円以上だせば部屋にお風呂があってかなり一般のビジネスホテルに近く、2000円以上出せば風呂こそ共同で3畳間だけれどまず問題はなく、1000円台だと風呂のない日があったり十分に清潔じゃない宿があったりして、1000円未満の宿は一般人は避けたほうが賢明」というのが個人的印象だ。つまり、価格を追求する一般人にとっての主戦場は1000円台の宿だ。

1000円台の宿の場合風呂のない日があるのは基本なので、風呂のない日にシャワーが使えるか、あるいは銭湯の券がもらえるかが結構大事になってくる。西成界隈には早朝から営業している大きな銭湯もあるが、1000円台の宿に泊まる時には410円の銭湯代は決して小さな金額ではない。また、季節によっては冷房の有無や運転形態も確認した方が良い。安い部屋にはエアコンなしとか、集中管理運転で深夜には冷房が止まるというケースも結構ある。

ここ西成/新今宮界隈、特に大通りの南側は正直あまり治安の良いエリアではない。とはいえ一般人の立ち入れない地域かというとそうでもなく、意外と普通のお姉さんが自転車に乗って走っていたりもする。私は地元の人間ではないので正確なことはわからないが「きちんと注意深く行動すれば大丈夫」なエリアである印象を受ける。事実、1泊1700円~2400円クラスの来山南館には「女性専用フロア」もあり、大阪でのコンサートを見に来た人や海外からのバックパッカーも結構泊まっている。

ただ、ホテルを離れたエリアの中には、あまり近づかないほうが良い場所もあることも事実だ。良くも悪くも、ここには「日本でここだけでしか見ることができない光景」がある。私はこの光景の中に身をおくと「人間どうなってもなんとか生きていけるものだ」という気持ちになることもできるのだが、光景自体を受け入れることができない人も結構いるだろうな。

osaka_budget_inn_4.gif



  人気ブログランキングへ

「とにかく安く旅行したい」的報告として、11月1日出発まで、ついこの間ロサンゼルスで事故を起こした韓国の某大手航空会社が羽田発ソウル往復9800円をやっているようです。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-国内旅行2

スポンサーリンク