世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

ロシア/ウクライナ/モルドバ/ルーマニア/トルコ

2012黒海西側を行く9 チェルノブイリ1日ツアー③ 廃墟と化したプリピャチ市

 
私たちを乗せたワゴン車は、チェルノブイリ市内を出て原子力発電所の西側を通り、廃墟と化したプリピャチ市内に向かう。今まであまり反応しなかった私のガイガーカウンターは、ここで大騒ぎを始めた。

炉心30km圏内の統制地域やチェルノブイリ市ではあまり高い値は出ず、毎回「こんなんじゃ俺の地元の方が放射線量高いぞ!」と書いてきたわけだが、いきなり5μSv/hとか6μSv/hとか今まで見たこともない数字を表示され、さすがにびびり始める。と同時に私の怪しい中国製ガイガーカウンターがちゃんと機能していることに感動する。一時10万円を超える値段で売られていて、その足下を見る売り方が製品自体の信用も怪しげに見せていたけれど、それなりに参考になる働きをしていたわけだ。出来も素性も悪いけれど、長い間生活圏や東日本の放射線量測定録画に使ってきた愛機だっただけに、ちょっとうれしい気持ちもないではない。被爆中に考えることじゃないけれど。

プリピャチ市。

pripyat 101.gif

チェルノブイリ原子力発電所エリアの北端から約2km、発電所から約4kmにあるこの街は、原子力発電所で働く人とその家族が暮らす、旧ソ連の地図にない閉鎖都市だった。事故までは5万人近くの人が暮らしており、ホテルや体育館に室内プール、遊園地などもある街だった。廃墟と化したホテルを眺めていると、スタッフが事故前の写真を見せてくれた。

pripyat 102.gif

pripyat 103.gif

廃墟と化したプリピャチ市の中心部を歩く。

pripyat 104.gif

pripyat 105.gif

pripyat 106.gif

pripyat 107.gif

pripyat 108.gif

pripyat 109.gif

pripyat 110.gif

原発従業員の住居だったアパート。「個人の所有エリアなので」ということで、室内は見せてもらえない。

pripyat 111.gif

pripyat 114.gif

pripyat 115.gif

pripyat 112.gif

pripyat 113.gif

ちょっとだけのぞき見。部屋は2DKか3DK、50平米はなさそうで、思ったより狭かった。

pripyat 116.gif

廃墟巡りはまだまだ続く。



  人気ブログランキングへ

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-ロシア/ウクライナ/モルドバ/ルーマニア/トルコ

スポンサーリンク