世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

フィジー/ニュージーランド/オーストラリア(/シンガポール)

2014フィジー11 オークランドでノボテルオークランドエアポートに泊まった件

 
シドニーから今日の目的地であるオークランドまでは約3時間のフライトだ。ニュージーランド航空はビジネスクラスの特典航空券枠が少なようで、シドニーやナンディへ行き来するフライトで空席を見かけることがなかった。成田行きのビジネスクラスに空席があったことが今では奇跡のようにすら思えるが、予約時はかえって長距離路線に空席があったのだ。

成田/シンガポール/シドニーとビジネスクラスに乗ってきたが、ここから乗るNZ108便は私の基本であるエコノミークラスでのフライトになる。エコノミーにもVODはあるしミールもなかなかおいしいし、私にはこれで十分だけどね。

nz108 01.gif

nz108 02.gif

朝7時にシンガポールを出てシドニー経由でオークランドに到着したのが日付が変わる直前の23時40分。翌日のナンディ行きは朝7時15分のフライトになるため、今夜の宿はここしか考えられなかった。

novotel Auckland airport 01.gif

Novotel Auckland Airport (撮影は翌朝です)

ノボテルは結構空港の敷や隣接地にホテルを持っていて、そこそこお高い値段で部屋を売っている。個人的には「できれば他のホテルを選びたい分不相応なホテル」的位置づけなのだが、ここはオークランド空港唯一のホテルだ。片道6ニュージーランドドルの送迎を頼むか空港から15分くらい歩けばもう少し安いイビスバジェットオークランドエアポートというホテルがあることは知っていたが、入国から出国まで7時間しかなかった今回、移動などで時間を取ることは避けたかった。ノボテルエアポートは国際線ロビーを出て横断歩道を渡った目の前にある。チェックインをしたらアップグレードを告げられたけれど、到着が遅かったせいもあるんだろうな。

novotel Auckland airport 02.gif

novotel Auckland airport 03.gif

なるほど、プレミアフロアだし、シャワーしかないはずがバスタブもあるし、全く必要ない二つめのベッドもある。これはアップグレードだ。でも深夜の7時間しか滞在できないし眠るだけなので、あまり部屋を楽しむ余裕はない。むしろ室内有料、ロビーでひとり30分だけ無料、というネット環境の方をなんとかして欲しかった。

今回は早めの予約で「朝食つき171ニュージーランドドル(今の円安レートだと14500円!)」という、私としては結構贅沢な値段で予約したのだが、朝食はなかなかおいしかった。まるごとのオレンジを放り込むちょっと豪快なジュースメーカーも悪くない。

novotel Auckland airport 04.gif

novotel Auckland airport 05.gif

novotel Auckland airport 06.gif

このロケーションと部屋のクオリティ、朝食の質から考えれば、オークランド国際空港でトランジットの時にノボテルエアポートに泊まるのは悪くない選択肢だと思う。悪くない、というより普通にホテル代を払う気がある人にはベストの選択肢だな。値段だって「競合するホテルのない空港ホテル」としては十分に安い。

しかし、時間に余裕があって空港から15分程歩くことが苦痛出ない人には、イビスバジェットもありだ。

空港を出たところ、つまりノボテルから15分程歩くけれど、ここは隣接する敷地にちょっとしたショッピングモールがあり、24時間営業のスーパーマーケットや数軒のファストフードレストランもある。私は帰国のトランジット時に買い物のためにここまで歩いてみたが、大きなスーツケースでも持っていない限り歩くことも不可能ではない、と感じた。

ibis budget airport auckland 01.gif

ibis budget airport auckland 02.gif

ibis budget airport auckland 03.gif

ibis budget airport auckland 04.gif

私は実際には泊まっていないが、部屋は大きくはないがシンプルで清潔なようだ。ここに泊まれば宿代はノボテルの半分になる。隣接するスーパーで買い物をすればニュージーランドの生活感が味わえるし、お総菜を買えば食事を安く済ませることも可能だ。

私は帰国時、ノボテルから買い出しに行ったけれど。

ibis budget airport auckland 05.gif

ibis budget airport auckland 07.gif

オークランドでトランジットする時には、時間がたっぷりあるなら24時間運行のエアポートバスで街に出て観光などをしつつ1泊すれば良い。

街に出る程じゃないけれど少しは歩く気力があって宿代を節約したければイビスバジェットエアポートホテル、休憩と睡眠が目的で普通にホテル代を払う意思があるならノボテルオークランドエアポートというのが正解だと思う。予約サイトで目にする他の空港ホテルは、移動手段や価格を考えるとちょっと中途半端な気がする。

あ、もちろん空港で夜を明かす、という選択肢もありだ。私も学生時代なら空港で仮眠しただろう。sleepingairports.netでオークランド国際空港は、2013年の南太平洋ベストエアポートに選ばれている。プライオリティパスがあれば朝6時から深夜11時まで営業しているラウンジもある。

↓↓ 海外旅行ブログランキング、絶賛下降中!! ↓↓
  人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけると、うれしいです! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-フィジー/ニュージーランド/オーストラリア(/シンガポール)

スポンサーリンク