世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

フィジー/ニュージーランド/オーストラリア(/シンガポール)

2014フィジー16 ナンディタウンの市場で1FJDのロティを食べた件

 
フィジーの宿には無料のアクティビティが行われることも多く、バンブーバックパッカーも例外ではない。アクティビティの内容とスケジュールは、レセプションの前の黒板に書かれている。

bamboo backpackers free activities 01.gif

魚に餌をやったりピンポンをしたりカヴァを飲んだりとさほど派手な物はないが、11:30からのタウンツアーはちょっと魅力的だ。あまり治安が良くないと言われるフィジーの町を宿のスタッフの案内で歩くことができるのだから、ここで町の構造を頭に入れておくのは悪くない。更にこの宿に連泊する私には「町のスーパーで物価を知るのと当時に、朝ご飯くらい買い込んでおこう」との考えもあった。

空港のあるナンディの市街地は、フィジーの大幹線であるクィーンズロード沿いに3カ所ある。空港のある最北端から順に、ナマカ、マーティンタール、そしてタウンだ。南端にあるタウンはその3カ所の中で最も賑やかな町で、バスターミナルもここにある。

バンブーバックパッカーズのタウンツアーは、宿近くのバス停から公共バスで町に出る。wailoaloaと呼ばれるこのエリアからタウンに行くバスは1日4往復と大変運行頻度が低いが、ここの住人にとっては貴重な足だ。タウンまでは片道1.6FJDなのだが、タウンツアーでは無料となる。フリーアクティビティ、だもんな。しかもガイド付きなのだから、初めてフィジーに来た旅行者にはとてもありがたい。

bamboo backpackers town tour.gif

wailoaloaを出たバスはタウンのバスターミナルに到着する。バスターミナルの横には市場があり、そこが最初の見学地だ。市場の入口にはロティー売りの屋台が数軒あり、チキンのロティが2.5FJD、ツナや野菜のものが1.0FJD。円安になった今日のレートでもひとつ約60円(≒1FJD)と大変納得できるお値段だ。もっとも野菜といってもそれはジャガイモのことであり、ツナと言っても「ツナ缶の中身が入ってないでもない」程度だ。チキンも事情がそう変わらないし、ずっしりしていて食べごたえはあるけれど「すごくおいしい」って程じゃない。

bamboo backpackers town tour 02.gif

bamboo backpackers town tour 03.gif

市場の中を見ても「南国の豊かな食材」という印象はない。むしろオレンジが3個でFJD2(≒120円)とか、サラダ菜がFJD1(≒60円)とか、「物の割に結構割高なんじゃないの?」という印象を受ける。

bamboo backpackers town tour 04.gif

bamboo backpackers town tour 05.gif

bamboo backpackers town tour 06.gif

だいたい値段の付け方が雑だ。個数などで調整できるとは言え、1FJD単位の値付けしかしてないのはあまりに大雑把な気がする。バス代なんかは会社がちゃんとしているせいか「1.6FJD」なんて値段がつけられていてちゃんと機能しているのに、市場は雑だ。外国人には、周辺に山程あるスーパーマーケットの方が買い物がしやすい。いや、多分地元の人にとってもそうなんだろうな。市場の売り子は、もう少し細やかな値付けができないもんかね?

bamboo backpackers town tour 07.gif

↓↓ ランキングを楽しみにブログを更新しています↓↓
  人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけると、うれしいです! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-フィジー/ニュージーランド/オーストラリア(/シンガポール)

スポンサーリンク