世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

香港・深セン

2015恒例香港参り6 私の定点観測ポイント1 北角・春秧街 / 露店市場を進むトラムと世界最安級ミシュラン1つ星点心店

 
安い航空券で香港に着き安いバスで安宿に無事チェックインしたら、街遊びの時間だ。
まだ見ぬエリアを開拓するのも楽しいが、私にはどうしても顔を出さなければ気が済まない「香港・定点観測ポイント」がある。そのひとつが北角の春秧街だ。

IMG_0152.png

2015-06-13 19.11.35.png

有名な話だが、ここ春秧街は露店市場の中をトラムが通ることで知られている。私にとってここは香港を象徴する街路で、香港に来てここに来ないなどということはどうしても考えられない。チェックインを済ませた私はHK$350-340のシークレットプランで泊まったチャーターハウスに一番近いCanal Road Westの乗り場から北角行きのトラムに飛び乗った。筲箕湾行きに乗ってしまっては、このスペクタクルは経験できない。

この様子を下から見るとこんな感じになる。

この日は露天市場に人が少なく今ひとつ迫力に欠けるが、それでも安全管理に口うるさい他の国ではなかなか見られない光景だ。タイのバンコク近郊にメークロンという線路と市場が共存している街があるが、ここはメークロン程「電車が来るぞ的特別感」がなく、日常的に「ぎりぎり通過行為」が行われているのが良い。

トラムは春秧街の東端で英皇道にUターンするけれど、春秧街をそのまま東に進むとそこには馬寶街という生活感に満ち溢れた激安商店街があり、ここには非常識に安い衣料品や漢方薬など売っている。時々「どこからともなく現れ段ボール箱を広げ非常識な安値でナニモノかを売り始め10分後にはいなくなっている」などという大変に魅力的で信頼できない物売りも登場し、街路を盛り上げる。イカガワシくてとても素敵だ。私と娘はこの段ボールショップで買ったHK$10の財布を愛用している。

2015-06-13 19.17.57[1].png

2015-06-13 19.18.57[1].png

「日本の女優さんが紹介して有名になった街市の食堂街」などというものもある。

2015-06-13 19.23.39[1].png

高級なレストランより安くて美味しいのは間違いないけれど、街市は湾仔や銅鑼湾など都心にも結構ある。せっかくの北角、ここはやっぱり定番のこの店に行ってみた。

2015-06-13 19.34.41[1].png

添好運點心專門店・北角店。

フォーシーズンホテルの龍景軒で点心のチーフだったシェフが2009年に開いたこのお店は、その味の良さと明朗会計によってあっという間に人気店となり、今では香港に五つの店を開くまでになり、そのうち3店舗がミシュランに掲載されている。北角店も掲載店で、あと2軒は深水埗・大角咀店だ。日頃ミシュランなんかに縁のない生活をしている私だが、香港版にはこういう低価格店も結構掲載されていて、恐るおそる店に行くこともできないでもない。

2015-06-13 19.35.50[1].png

添好運點心專門店の点心はおいしい。そしてミシュランに掲載される必要条件である(だと思う)「化学調味料の味を感じない」もクリアしている。個人的には化学調味料を否定するつもりはないのだが、そういう視点もあっても良いとは思う。ま、体には良さそうだわな。定番の蝦餃と好物の腸粉と蘿蔔糕、更にこの店の名物らしい「チャーシュー入りメロンパンのようなもの」を注文してみたら、一般人には食べきれない量の点心が来た。普通なら2-3人前だな、これじゃ。

2015-06-13 19.48.18[1].png

2015-06-13 19.53.43[1].png

どれもきちんとした味で大変においしい。更に特筆するべきは、この価格だ。

2015-06-13 19.52.05[1].png

普通どの店でも「頂点」扱いの蝦餃込み4品とお茶でHK$80。しかもこの日は土曜日の夜。客が増えれば価格を釣り上げることが当たり前の香港で、これはものすごいことだと思う。ちなみにお茶はポットではなく「テーブルの上に置いてあるから勝手に飲んでね」システムだが、これはHK$3。ウエットティッシュトラップが未だに生き残る香港とは思えない明朗会計だ。こりゃ、お客さんが集まっても当然だな。

2015-06-13 19.53.51[1].png

考えてみたら、土曜の夜に飲茶ができることも結構レアだったし。


  人気ブログランキングへ

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-香港・深セン

スポンサーリンク