世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

旅の道具

機内持ち込み7kgの壁に挑む5 充電機器の整理結果と旅先でPCを守る700円の必須アイテム

2016/07/28

 
 機内持ち込み荷物の軽減作戦は、あとは鞄と衣服をなんとかするだけのレベルに近い。衣服はまめに洗濯をする以外どうにかしにくいが、鞄についてはまだまだ可能性がある。私がここ2年くらい気になっていたのは、愛用しているメッセンジャーバッグを作っているTIMBUK2のWingmanだったのだが、もう生産中止になってしまったようだ。timbuk2の丈夫さで重さ1550gはなのは魅力的なのだがこれはキャスターがない。最近思うのだが、鞄はもちろん背負える方が良いけれど簡単なものでもキャスターがついている方が良い気もがする。

じゃぁキャリーバックタイプでいいものはないのかというと、実は最近これが大変気になっている。

CapD20150814.png
https://www.kofferprofi.de/Marken/Y-Not/Y-Not-Smeg-Blau-Kabinentrolley-50-smeg-blau.html

Y Not? SMAG Grün Kabinentrolley 50 smag grün。
34x19x55cmと約35リットルサイズのハードケースでありながら、その重量が1.2kgだという。誤植ではないかといろいろ検索してみたが、どのサイトにも1.2kgとある。今の私の感覚だとこの種のキャリーバッグは3kgにはなってしまうので、「をいをい本当かよ」と思いつつ気になってしかたがない。99ユーロという価格も許容範囲なのだが現物を見られない上に送料が50ユーロ位してしまうので、なかなか手が出ない。だれか買って人柱になってくれないかぁ、だ。

さて、私が現実に行った機内持ち込み荷物軽量化計画なのだが、充電器具に関しては現在このようになっている。

今回から持って行かないものは、デジカメの充電器Macbook/PCのACアダプタだ。この写真では前回使ったMacbookのものを使用しているのであまり大きな印象はないかもしれないが、この先代に当たるネットブックのACアダプタはもうふたまわり大きかった。でもこの程度だと「重量軽減」というより、荷物の整理/シンプル化という感じでもあるな。

P_20150813_204219.jpg

                ↓ ↓ ↓

P_20150813_204245.jpg

残ったのは、まず三ツ口の延長コード。これは電気製品を使う上で必需品だ。ホテルにだってどこにあるか分からないコンセントからベッドサイドや机の上に電源を引っ張ってくるのに必要だし、ドミの場合には数少ないコンセントがいっぱいでも、これを通すことで自分のコンセントを確保することができるし、もう一つ誰かに使ってもらうこともできる。消耗品なので100円ショップあたり十分だ。

左上のモバイルバッテリーcheero PowerPlusも私には必需品だ。荷物を減らしたいと言いながら245gのバッテリーを持ち歩くのかと言われそうだが、街中やコンセントのない機内でスマホが充電できることは旅行者には切実だ。特に今回からはWN891の導入でPCもUSB充電できるようになったし、モバイルバッテリーは大容量のものしか考えられない。LCCどころか、国際線でもUSB電源のある機材はまだまだ少ない。

右下のUSBチャージャーは、購入当時唯一iPadとiPhoneが同時に充電できる4つ口のものだった。今買うなら絶対にAnkerのPowerPort4で間違いない。こちらは最大2.4Aで同時充電8AとiPadを3台同時に急速充電できるスグレモノだ。

そして問題のこれ。

P_20150813_071742.jpg

雷サージ付コーナータップ

私はこのコーナータップを使い始めたのは実は最近でフィジーに行ったときからだ。フィジーでは電力が安定していないためサージ(送電線やデータラインで生じる過渡的な電圧スパイク)が大きく、ノートパソコンの寿命が短いという話を聞き、買ったばかりの大事なMacbook Airが壊れては大変と慌てて買い込んだのだ。しかし電力サージなんてフィジーに限らずOECD加盟国でもない限りごく普通に起きる。もちろんプロテクターで100%防げる訳ではないのだが、何もしないより何百倍も安心だ。もう少し安いものもあるのだが数百円の差額なので私は13000V対応のYAZAWAのものを使っている。どうせ送料込みで1000円もしない。多分最安は送料込み695円のここだ。

三ツ口タップは100円ショップで売っているけれど、海外でスマホやPCを使ったり充電したりしようとする人は、絶対に雷サージ対応のものを買った方が良い。保険料として+600円なんて安いものだ。ただ「ヒューズ(ブレーカー)が落ちてなんぼ」のアイテムなので、電圧や電流量はちゃんと考えて使いたい。 

↓↓ この旅行記、需要がありますか?? ↓↓
  人気ブログランキングへ
↑↑ 需要があれば少し長めに書きます! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-旅の道具

スポンサーリンク