世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

旅の道具

機内持ち込み7kgの壁に挑む6 モバイルスピーカーを重さ44グラムの超小型最新版に変えて250グラムの減量に成功した件

2016/08/22

 
マウスコンピュータが発表したWN891がまた品切れになった。

15923_846850365370839_7634379554290500096_n.png

需要に生産が追いつかないようで、もうこれはどうしようもない。実際旅行者にとってのみならずこのマイクロソフトオフィスつき8.9インチウィンドウズタブレットWN891は破格に安いしまだ他社からこのPCと競合できるような機種は(系列同機種のiiyama PC9P1150-T=AT-FEMを除いて)発表されていない。こうなったら1人勝ちになるのも仕方がない。タブレットの世界に風穴を開けるPCが中国や台湾製じゃなく(多分)国産であるのはうれしくもあるけれど、他社は何やってるんだろう、と思わないでもない。

ただWM891にも弱点はある。
普通に買えばアカデミック版だって24000円はするマイクロソフトオフィスがついて29800円の超破格PCなのだから弱点がない方が不気味なのだが、これが結構大きな弱点なのだ。

その弱点は何かというと、ひとつはトラックパッドの使いにくさ。これはもうかなりの使いにくさで、ポインティングデバイスを必要とする操作をしたければ、マウスをつなげるしなないレベルだと言っても過言でなない。

そしてもう一つに今回の旅行で気がついた。内蔵スピーカーの出力の弱さだ。

P_20150806_073904.jpg

私は海外でPCをラジオニュースや日本のテレビを見聞きするための端末としても使っている。ニュースはVPNとラジコなんかでなんたら、という話は置いておき、少なくともNHKでは1日最低3回のニュースをウェブで聞くことができる。

更には私の場合、自宅に設置したガラポンTVのおかげで、そこそこの回線速度さえあれば世界のどこでも家で受信しているテレビ(と過去数ヶ月分の録画)を日本で見ることができる。ガラポンTV導入以前はIOSでしか使えないエリアフリーTVを使っていたのだが、画質はワンセグクラスではあるけれどその分回線が遅くても構わない上過去3ヶ月程の番組を、Windowsやアンドロイド、マックやiPhone等でいつでもどこでも見ることができるガラポンを知ってしまうと、エリアフリーTVには戻れない。

garapon.jpg

しかしホテルでWM891を使って日本のテレビを見たりニュースを聞いているとき、多少不便を感じた。机にPCを起きその前に座ってテレビやラジオを見聞きする分には問題はないのだが、少し離れた場所やバスルームでテレビやラジオを見聞きするには、WM891のスピーカーは音量不足だったのだ。もちろんmicroHDMIケーブルを使えばホテルのテレビにつなぐこともできるが、世界ではまだまだHDMI端子を持たないテレビを置いてあるホテルも少なくない。

日本に帰ってきた私は、このWN891の弱点を補う買い物をした。重量わずか44グラムのサムサイズスピーカー、X-MINI Me (XAM16-GM*)だ。

P_20150902_155259.jpg

実は私は既にモバイルスピーカを持っている。2年前に購入したオーディオテクニカのAT-SPG51だ。

2013spker2.gif

実を言えば性能的には私にはこれで十分なのだ。2Wのアンプを内蔵したこのモバイルスピーカーは、ホテルの部屋の端から端まで大きな音でテレビやラジオの音を流してくれる。しかしその重さは290g、手荷物を7kg以内に収めるため荷物の軽量化に夢中になっている私に、これは重い。モバイルスピーカーに300グラムはちょっとなぁ、と思っていた時に発見したのがX-MINI Me (XAM16-GM*)でだったのだ。重さが250g軽いだけではなく、サイズも44x38mmとかなり小ぶりになる。手元にあった油性フェルトペンと並べて写真を撮ってみた。

P_20150902_155557.jpg

付属品はストラップと充電/接続ケーブル。

P_20150902_155440.jpg

充電ケーブルは普通のマイクロUSBなので100円均一でも買えるけれど、ステレオミニジャックとマイクロUSBを結ぶ物はあまり見ないので、なくさないようにストラップを使って本体に縛り付ける。私は予算を2000円けちって有線版を買ったが、あと2000円ちょっと追加してbluetooth版にすれば良かったかなと、今も少し考える。どっちが良いのかは、稼働率にもよるところだな。

P_20150902_160614.jpg

さて、このスピーカを使うことによってどれだけ音量が上がったかは、この動画を見てもらうのが一番手っ取り早いと思う。

内臓アンプは1.5wだが、試用しないときにはキャップで封をされているドライバーからはWN891とは比較にならない十分な音量の音が出る。低音も激変と言って良い。X-mini MEはタブレットのみならず、スマホでも実用になる。WN891とあわせて鼻息荒くお勧めできる優れものだ。

↓↓ ランキングアップを楽しみに書いています ↓↓
  人気ブログランキングへ
↑↑ クリックありがとうございます。モチベ上がります! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-旅の道具

スポンサーリンク