世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

ベトナム

2015 ベトナム・ダナン観光19 ベトナム航空、VN302便の機内食

2016/08/22

 
Ba Na Hillsに向かう世界最長のロープウェイで、私のダナン旅行は幕を閉じる。

今回シルバーウィークの旅行先にベトナム・ダナンを選んだのはベトナム航空のダナン行き航空券が経由地であるホーチミン行きより安いから、という懐具合による選択だったが、フエやホイアンに沈没したことはあってもダナンは素通りばかりしていた私には悪くなかった。てか、観光地の貧弱なベトナムなんて街と食事を楽しみながらちょっとどこかに行ければ良い訳であって、その意味では大都市ならどこに行ってもそんなに違いはない気もする。だったら航空券が安い方が良い。

IMG_0200.jpg

ベトナム第3の都市であり人口100万を超える大都市ダナンには、空港から街中へのバスこそなかったけれど、大型スーパーもファーストフードもあり、都会が恋しくなってもそんなに辛い思いはしない。

IMG_0471.jpg

IMG_0472.jpg

ダナンは旅行の口コミサイトで「2014年の人気上昇中の観光都市1位に選ばれた」らしい。個人的には「そこまで人気なのか?」と驚かないでもないが、確かに海は赤土の多いベトナムとしては結構きれいな方だし、バイクで海岸線を走ったときには結構大型リゾートホテルがあったり建築中だったりしてちょっと驚いた。お金をいっぱい盛っている海岸リゾート派の人はこの辺に泊まるのかもしれない。ダナンの空港には、インターコンチのアライバルラウンジやデパーチュアラウンジがある。

IMG_0509.jpg

でも実際のところは、「ハノイとホーチミンメインだったベトナム観光で、今まであまり知られていなかったダナンが物珍しさで注目されはじめた」くらいが実際のところだとも思う。先にも書いたがダナンの北3時間の場所には古都フエがあり、南30km弱にはやはり古都ホイアンがある。ダナンは観光的にはほとんどスルーされてきたため、最近やっとかまってもらえはじめたのではないだろうか。

少し昔まで、安上がりなベトナム国内の移動はシンカフェあたりの寝台バスしかなかったのだが、最近ではジェットスターベトジェットの登場でずいぶん快適になった。これもベトナム中部に観光客が集まりはじめた理由の一つだろう。ベトナム航空のホーチミン経由便が割安になったのもこの影響があるのかもしれない。消費者的にはありがたい。ホテルのコストパフォーマンスは高いベトナム、航空券が安くなれば旅行もかなりしやすくなる。20ドル台で極めて快適なホテルに泊まれるベトナムなら、次回はもう少しゆっくりしても良いななどと思いつつ、ダナンの空港に向かう。もちろん30000ドンのバイクだ。

IMG_0727.jpg

帰路もホーチミン空港徒歩15分のゴールデンビューホテルに泊まる。ここはホーチミントランジットの定番になりそうな予感だ。そしてここでやっと本題のVN302便の機内食。帰路も和食を選択する。

IMG_0741.jpg

VN302便は6:00発なので空港ラウンジも開いていない。空腹だった私には十分な朝食だった。居住スペース(A320)は狭くとも食べ物だけは一定水準を保つのが、いかにもベトナムらしい。

↓↓ ダナン編はこれでおしまいになります ↓↓
  人気ブログランキングへ
↑↑ 次ネタもすぐ書き始めた方が良いですか? ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-ベトナム

スポンサーリンク