世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

タイ/マレーシア/インドネシア/ブルネイ

2015バンコクアパートお試し暮らし3 ラチャプラロップマンションのロケーション

2016/08/22

 
 ラチャプラロップマンションは、その名の通りバンコクのラチャプラロップにある。

ラチャプラロップといっても昔はどこだか分からない人も少なくなかったと思うのだが、2010年にバンコク都心とスワンナプーム空港を結ぶエアポートリンクのラチャプラロップ駅が出来てからは、多少知られるようになった気がする。空港からならこのラチャプラロップ駅で降りることになるが、一般的には戦勝記念塔(タイ語では"アヌサワリー"と呼ぶ)から10分ほど歩くことになる。

この戦勝記念塔とは、バンコクでは最も移動に便利な場所の一つだ。BTSスカイトレインの「アヌサワリー (Victory Monument)」駅の他、多くのバスがここを始発/終点にしているし、バンコクから近郊都市に向かうロットゥのターミナルの一つでもある。戦勝記念塔がロータリーになっていて、バスが停めやすいのだな。

ちなみに「アヌサワリー」は多分英語の "Anniversary" (記念くらいの意味)が訛ったものだが、こう覚えてしまうと「アヌサワリー」ではなくつい「アヌワサリー」と言ってしまうことになり、これがなかなか直らない。誰か直してくれ。

アヌサワリーからラチャラロップタワーマンションに行くには、ロータリーの西側になるラチャウィティー通りを500m程歩き、交差するラチャラロップ通りを右折する。そしてすぐ歩道橋やセブンイレブンの手前を左折することになるのだが、


(ピンクの建物の横を入っていく)

この先がいかにも「バンコクの下町」という感じで良い。

P_20150827_165117.jpg

P_20150825_182312.jpg

日常生活に必要な店は全てあり、価格も表通りとは違う。中にはコインランドリー、というより「タイマー付き軒先レンタル洗濯機」などもある。1回20バーツからとクリーニング店を使うのがもったいなくなる価格だ。

P_20150825_182124.jpg

この路地を入った Wat Thatsanarun Suntharikaram 小学校の入り口周辺には、安い食堂や屋台も充実している。朝は卵のお粥が15バーツから食べられるし、

P_20150829_073008.jpg

今時30バーツのカオマンガイ屋さんもあって,私は頻繁に通った。目の前の小学校に通う子供たちが、ここのカオマンガイを朝食や昼食にしているのだから、高くするわけにはいかない。

P_20150826_074928.jpg

P_20150826_095217.jpg

タイでは大通りを「タノン」、そしてそこから入る路地のことを「ソイ」と言う。このソイはかなりの確率で行き止まりで、ソイの入り口から奥まで距離がある場合にはバイクタクシーが走ることが普通だ。ラチャラロップ通りからタワーマンションに抜ける路地は「ソイ・ラチャラロップ22」と呼ばれているが、こんな場所も歩かなきゃならない。

P_20150825_181936.jpg

手前の道ではない。右奥のバイク1台がぎりぎり通れる路地だ。

もちろんこの道は「アヌサワリーからラチャラロップタワーマンションに徒歩で向かう」場合のルートであって、ちゃんと車で行けるルートもある。4900バーツのアパートであるにもかかわらず、ラチャは駐車場が無料なのだ。

P_20150826_175431.jpg

タイで買う車は非常識に高いので、こんなところに住む人はなかなか車なんて買えないと思うのだが。


 人気ブログランキングへ

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-タイ/マレーシア/インドネシア/ブルネイ

スポンサーリンク