世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

イラン、カタール

2016初めてのイラン13 イランの1泊目を 全6室のParhami Traditional House にしてみた件

2016/08/22

 
イランの入国都市をシーラーズにしたのは、アライバルビザがもっとも緩い都市であるという噂や、カタール航空を使うとドーハの無料ホテルでゆったり休めるせいなのだが、もう一つ空港から街へのアクセスが良い、という理由があった。

例えば国際線が飛ぶテヘランのイマームホメイニ空港は、市内から30km程離れている上にバスの便があまり良くない。更には市内中心部へのタクシー代も今はもう最低$30するらしく、心穏やかではない。その点シーラーズの空港は街まで約10km、しかも有名ガイドブックの地図には「97番のバス」が私の滞在したい宿の近くまで走っている、という情報があった。シーラーズ in 良いではないか!よおし、早速両替を済ませてバス乗り場を探そう。

IMG_0071.jpg

両替所がない。
入国前エリアにも入国後エリアにも、どこにもない。

ネットでは、空港内にレートはいまいちだけれど両替所があるという情報が飛び交っていたのだが、どうやらそれがなくなったのかたまたまその日は閉まっていたのか、空港のいろいろな場所でスタッフに質問しても両替所は発見できなかった。いきなりイランリヤル文無しだ。

いざとなったらその辺の人にドルの両替をお願いすればいいかな、と、気を取り直してバス乗り場を探す。

IMG_0072.jpg

バス乗り場がない。
どこにもない。

これは困ったと空港ビルに引き返し、カタール航空のオフィスや親切そうな人に両替とバスの事情を尋ねてみたが、両替は今日は無理そうで、バスに関しては「そんなものあったかなぁ?よく知らないけれどその辺で待ってみたら?」と全員が言う。更には「97番ってバスターミナルに行き来するバスで、空港には来ないんじゃない?」という悲しい未確認情報も入手してしまう。「だったら、空港職員はどうやって通勤するんだよ」と、3ヶ月前にダナンでも言ったセリフも再現されたが、誰も知らないのだから手も足もでない。バスは諦めてタクシーにしとうかと相場を聞くと「6-7ドルくらいですね」と、これは明確な答が返ってきた。

仕方がないので、タクシー乗り場で値段を確認し、更には近くを歩いていたカタール航空の機内でちょっと見かけた顔に声をかけ、街までのタクシーをシェアする。彼はちゃんとドーハの空港でイランリヤルを入手していて、$3.5分のリヤルを私にくれた。賢い奴はちゃんと手配済みなのだな。

さて、記念すべきイラン1泊目の宿だが、私はここに決めた。

IMG_0047.jpg

Parhami traditional house

ここはシーラーズの中心地から3km弱離れた場所にある全6室の小さなゲストハウスなのだが、なかなか評判も良い上イランでは表向き禁止されているfacebookのアカウントを持っていて、空室の照会や値段の問い合わせの際、極めてレスポンスが速い。寝ているかPCを離れている時以外なら、あっというまに返答が返ってくる。

しかもそのやりとりの中から、ここのオーナーであるSoroush Parhamiさんの人柄が大変良いことが伝わってくるし、彼の英語は完璧だ。しかもネット環境に至っては(もちろんVPN経由だけれど)Facebookを使えているわけで、困ったときには相談にも乗ってくれそうだ。ここをイランの1泊目にしたのは正解だった。

IMG_0003.jpg

IMG_0078.jpg

IMG_0080.jpg

IMG_0004.jpg

” traditional house”を自称するだけあって、建物は新しくはない。部屋は清潔だけれど木製のドアは南京錠が外鍵だったりもする。私の部屋のテレビは壊れていて映らなかった。しかしこの宿は快適だ。宿に着いたとき、私は$3.5分のイランリヤルしか持っていなかったのだが、Soroush Parhamiさんは、宿周辺の安飯屋などを歩いて案内してくれたうえ、「とりあえず食事代が要るでしょ?」と20万リヤルを渡してくれた。もちろんチェックアウト時に精算するのだが、こういう心配りはありがたい。

宿代はシーズンによっても変わるようだが、私が泊まったときには朝食付き1泊$35だった。部屋の中にはセミダブルベッドが一つ、シングルベッドが一つあったので、3人までは泊まれると思う。イランだから当然規制はあるけれど、wifiも速い。

IMG_0049.jpg

ただこのホテル、ちょっと場所がわかりにくい。表通りから細い路地を数分歩く必要があるためだ。

IMG_0075.jpg

IMG_0076.jpg

この宿に泊まるには、事前に地図をプリントアウトしておいた方が良い。予約時にParhamiさんがタクシーに見せるためのメッセージを送ってくれるけれど、宿の前までタクシーは入ってくることができない。タクシーが止まった場所から宿までの数十メートルは自力で何とかする必要があるが、分りやすいとは言いにくい。

IMG_20151007_004636.png

もっとも一度場所を覚えてしまえば、ピンクモスクまでは歩いてすぐだし、中心地やバスターミナルもなんとか徒歩圏内(2-3km)だ。タクシーのドライバーにこのメモを見せれば、路地の入り口までたどり着くことはできる。

adrs.png

なんて書いてあるのかは分らないのだけれど。

↓↓ 鋭意ランク下降中です! ↓↓
 人気ブログランキングへ
↑↑ 救済クリックしていただけるとうれしいです! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-イラン、カタール

スポンサーリンク