世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

国内旅行

マイレッジプラス10000マイル GW国内線祭り4 念願のオリエンタルエアブリッジで長崎に飛んだ件

2017/06/08

4月29日(金) オリエンタルエアブリッジのQ200で長崎に飛ぶ

オリエンタルエアブリッジという、それはそれは小さな航空会社がある。

長崎空港を拠点に県内の離島と福岡を結ぶこの航空会社は、1961年に第3セクターの「長崎航空」としてスタートを切った。経営方針を調整しながら「オリエンタルエアブリッジ」に社名を変更したのは2001年で、この時期に現在使用している2機の機材を導入した。2機と言っても、たくさんあるうちの2機じゃない。オリエンタルエアブリッジは、2機の飛行機しか所有していない。ボンバルディア社のDHC-8-201 (Q200)だ。

本来オリエンタルエアブリッジには、ユナイテッドのマイルの特典で乗ることはできないのだが、2009年に全日空とコードシェアを開始したことにより、特典旅行の日程に入れることが可能となった。今回のGW国内線祭りでは、この機材に乗ることが大きな楽しみの一つだった。Q200なんて、そうそう乗れるもんじゃないぞ。多分国内他社ではこの機材を持っているところはない気がする。

Jpeg

 

DASH8-200の定員は39人、観光バスより少ない定員だ。搭乗客は機体まで歩く。というか、ボーディングブリッジをつけることは不可能だ。ブリッジの代わりに可動式の数段の階段を、係員が扉に取り付ける。脚立みたいな高さだな。

Jpeg

 

 

乗客も同じルートで歩き、係員が運んだ階段を登る。

Jpeg

 

実に楽しい。B737なんかに乗るときの何十倍もわくわくする。初めての機材だしな。

 

機内もいい感じだし、

Jpeg

 

 

窓からの景色もいい感じだ。Q200の最大高度は25000フィートなので、一般的なジェット機が飛ぶ高度③万フィートに届くことはない。その分巡航中の景色も近くなる。

Jpeg

 

Jpeg

 

天候にも恵まれ、大変楽しいフライトだった。小型機は楽しいねぇ。

 

 

と、ここでGW国内線祭りは、前半の5000マイル分を消費した。今日日飛行機に普通運賃で乗る人はあまり多くはないと思うが、そこはGW、安い運賃ばかりじゃない。一応、ここまでの運賃を普通運賃で計算すると、成田→福岡が44000円、福岡→対馬が15900円、そして対馬→長崎が17300円、合計77200円、ということになる。

早割などで半額になったとしても3万円台後半、これがわずか5000マイルで乗れるのだから、マイレッジプラスの日本国内線特典は、使い方によってはかなりお得だ。

旅の後半は、成田や羽田からLCCののない長崎で、私の好きな産業遺産や、隠れキリシタンの遺構を眺めることになる。今日2回目のレンタカーを借りなきゃ、だな。
↓↓ 今回は、初回からWordpressで記事を投稿しています ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ
↑↑ クリックしていただけると、本当にうれしいです ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-国内旅行

スポンサーリンク