世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

中国

2016丹東7 丹東から鴨緑江対岸から北朝鮮の街を眺め、ふさわしい時間帯を思い知った件。

2016/09/09

一般に丹東市内観光のハイライトは、対岸の北朝鮮・新義州の街を見ることだ。

正直私のカメラは安物かスマホのカメラというていたらくなので、画像は最低だ。これは、基本私には旅先で写真を撮る習慣がなかったこと、ブログを始めやっぱり写真がないと位には考え直したけれど、最近流行の高性能で重く大きなものを持つ気がどうしても起きないことに起因する。なので、この先の画像は大変に画質がよろしくないことを、先にお詫びしておく。

20160325171112

20160327124248

(鴨緑江の二つの橋の間から、北朝鮮を見る)

 

20160325171124

新義州の沿岸にあまり人はいない。15年前まだこのエリアを走りまくっていた中国の小型ボートで、新義州の沿岸(それも陸地まで2~3mの距離!)に通っていた頃には結構人はいたし、土曜日には観光客が北側の動くかどうかすらよく分からない船に乗って中国を眺めていたのものだが、今回は土日に滞在したのにも関わらず、人があまりいない。まぁ、あちらのお国にはいろいろ事情もあるのだろう。

20160325171129

 

それにしてもぱっとしない写真で申し訳ない。見る人が見れば「なんだよ、これ!」であることは重々承知してるのだが、実はこの写真はまだマシな方だ。鴨緑江を挟んだ北朝鮮・新義州の街は丹東から見て東側になるので、夕方に撮影した方が逆光にならず安物デジカメでもそこそこ映る。しかし、朝は逆光になるため、撮影はちょっと厳しくなる。しかもこの朝は少しもやがかかっていた。

20160327173410

 

機材の問題というより、技術の問題なのだ。それは分かっている。しかし「旅先の写真なんてメモでいいんじゃ!」と思ってきた私のスキルは極めて低い。仕方がないので、多少画質を修正してみたら、これがまた妙なことになった。
169308.lqvmo.sa

(この観覧車は15年以上前からここにあるけれど、動いているのを見たことがない)

 

169311.3kmiq.sa

169312.bj54a.sa

汚い画像で、ごめん。

でも、韓国側のプロパガンダ村とは違い、一応人が生活している街だ。川沿いに人が少ないのは「お国の事情」と考えよう。川から見る丹東の街は、あまりに明るく豊かで眩しすぎ、向こう側のみなさんには目の毒であることも事実だし、向こう側のお偉いさんがそれを好まないことも容易に想像できる。それに今、中朝関係は、以前程はよろしくない。

 

ちなみに丹東からの遊覧船に乗ると、景色はこんな感じのようだ。

 

船は断橋の少し先を行くが、対岸ぎりぎりではない。この規模の船じゃ、北側にそんなに近づくことはできなくて当然だな。私は相乗りの小型のボートに乗りたくて少し川沿いを歩いたけれど、あまりまじめに探さなかったせいのなのか、そんなものはもうないのか、橋周辺では立派な遊覧船意外は見つけることはできなかった。小型のモーターボートも希にはあるのだが、貸し切りする予算など私にはない。

まぁ、同じ丹東でも他の場所に行った方が、国境見学は面白いんだけれどね。

↓↓ ランクアップがモチベーションです!! ↓↓
応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング
↑↑ クリックしていただけるととてもうれしいです! ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-中国
-, ,

スポンサーリンク