世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

中国

2016丹東15 虎山長城に登り、へとへとになって頂上から北朝鮮の村を眺めた件

2016/08/26

丹東市から北東約20kmにある虎山長城は、1469年に作られた「万里の長城」の東端だ。

川からや後金の侵攻を食い止めるために作られたがやがて破棄され、ここが山海関長城までつながっていたことが確認されたのは1989年になってのことで、2000年に修復された。修復といっても限りなく「新しく作った」に近い感じもあるのだけれど、元々あった場所に同じような物を作ったのだから、やっぱり修復、だ。万里の長城の東端というそれなりに意義の深い物で、国家級風景名勝区にも指定されている。

tanton_day2[381]

 

それは良いのだが、ここに入るためには入場料が必要だ。おいくらかというと大変に微妙な60元(≒910円)。あのやたら面白かった北朝鮮遊覧船と同じ値段で、私にはそれなりに大きな金額だ。迷いもしたのだけれど、頂上からの北朝鮮の風景がどうしても気になり、やっぱり入場券を買ってしまう。

tanton_day2[337]

イランあたりとは違い外国人料金じゃないのが救いだけれど、中国の庶民にしてみればかなり大きな金額だとも思う。バス代が安ければ1元から、5元で麺が食べられる国の60元は私にも大きい。

 

切符を買ったからには、中とそこからの風景を思い切り見てやろうと目を更にするのだが、これがなかなかきつい上りだ。

tanton_day2[336]

tanton_day2[341]

tanton_day2[352]

 

いや、前言を撤回する。「かなり」きつい上りだ。角度は階段と言うより脚立に近い。

tanton_day2[351]

tanton_day2[353]

 

頂上まではゆっくり歩いて30分くらいだろうか。苦労した甲斐のある景色が広がる。

 

まずは中国側。

tanton_day2[356]

 

そして北朝鮮側。

tanton_day2[362]

tanton_day2[363]

tanton_day2[364]

tanton_day2[365]

今までで一番良く村が見える。こんなに見えていいのか??

国道添いから眺める警備の様子も、事実上北朝鮮領内から見る北の暮らしぶりも興味深かったけれど、中州の町、というか村の全貌を見るには、ここ虎山長城頂上から見るのが分かりやすい。船から見た例の軍の基地やその裏側に広がる村までが見える。この景色が見られるならば、60元は高くない。

2000年に「復元」された長城を歩くだけなら払いたくはないけど。


応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-中国
-, ,

スポンサーリンク