世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

韓国

2016ソウルDMZ5, 京義線DMZトレイン、その内部

2016/09/07

始発の龍山駅からソウル駅に入線してきた「DMZトレイン」は、3両編成だ。

20160717101402

全席セマウル号特室(特急グリーン車)扱いの車内はどうなっているのかというと、車両ごとに内装が違い、座席の種類もいろいろだ。例えば、座席が窓方向を向いた展望席があるかと思えば、

20160717101627

 

ただの2人掛けシートや、4人掛けボックスシートがあったり、

20160717101431

ドア横にかなり地味な2人掛け横向きシートがあったりもする。

20160717170636

20160717101537

 

ここまで違うと、不公平というより運不運、としか言いようがない。ちなみに列車は全席座席指定なので、何か希望がある場合には切符を交換する窓口でお願いするしかないのだが、ネット予約は韓国国内で直接購入する人より、多少競争力が弱い気もする。このドア横中向きの座席が、窓向きの展望座席と同じ特急特室料金であることが、私にはあまり納得がいかない。

ちなみに指定された座席番号を守らない人も山ほどいる。帰路に至っては「座席なんて早い者勝ちで気分次第だよね」的雰囲気も車内に流れるので、そのあたりについては車内の空気を読むしかない。もちろん自分の番号を提示して座席を主張することだって不可能じゃない。

 

車内は装飾もDMZ(非武装地帯)がテーマとなっている。

20160717101636

20160717101640

20160717103453

 

朝鮮戦争や分断、鉄道の歴史、DMZの成り立ちなどがちょっとしたパネル展示として車内を飾る。私が乗ったときには小学校中学年くらいの男の子がその全てを熱心に読んで回っていた。きっと成績のよい子なのだろうな。

当然のようにモニタも装備されているが、基本的には前後の走行風景を流し、必要に応じて番組を流している。

20160717101644

 

3両編成だけれど、車内には売店もある。

20160717101434

ここには女性スタッフがいて、運行中に案内放送をしたり、乗客に安保観光の書類を配布したり、カード探しゲーム(!)を行ったり、DJをしたりする。この選曲やノリ、そして車内のデザインが、このDMZトレインが「まじめで厳しい社会科見学列車」というよりは「安保『観光』専用ジョイフルトレイン」なのではないかと思わせる。まぁ実際そうなのだけど。

20160717102958

安保観光専用DMZトレインは、都羅山駅をめざし90分京義線を90分かけて走る。

↓↓ ランクアップをモチベーションに記事を更新しています ↓↓
! !
↑↑ クリックしていただけると、とってもうれしいです ↑↑

アドセンス関連コンテンツ

関連記事と広告

-韓国
-

スポンサーリンク