世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

フランス 西ヨーロッパ

2016パリ1 中華街のある13区で、バスタブ付5000円代の快適激安ビジネスホテルに泊まった件

2017/03/25

ロンドン同様、パリのホテルも安くはない。

日本人バックパッカーでドミトリーならドリームハウスなどがあるのだけれど、個室が欲しい、wifiが欲しい、バスルームが欲しいなどと言い出すとどんどんお値段は上がる。

予算を抑えると階段がぎしぎし言う安宿に泊まることになるのは、ロンドン同様なのだが、パリにはロンドンのカールサンダースに匹敵するような秀逸な安宿は見つからない。そこで私は足りない頭でパリについて必死に調べてみた。

 

パリには20の区がある。そしてその番号は中心部から渦巻き状にふられているので「番号が少ないほど都心」と言える。そしてあくまで一般的な話として、北東部の19-20区は、やや治安がよろしくない、とも言われる。

パリ同時多発テロ事件は、19区と20区の内側である10区と11区、つまりやはり北東部で起きた。移民が多く目立たず土地勘も持ちやすいため現場になった、という説もあるが真偽の程は分からない。ただ、移民が多いのは多分本当だ。

 

 

では南部はというと、13区は同じ移民でも中華街やベトナム人街があり、広い14区には公園や広い住宅街、そして15区には日本人村や韓国人街もあるらしい。治安も18-20区より良く、というかほとんど問題はなく、何より東洋人が目立たない。そして13区には、パリとしてはなかなか破格な安ホテルがあった。

イビス スティルズ パリ トルビアック ビブリオテーク(ibis Styles Paris Tolbiac Bibliotheque)

今チェックしてみたら、今年の8月1日でもシングル1泊7300円、ソファつきツインで8200円からとかなりお安いが、テロから1年経っていなかったこの時期には、1泊5000円代で泊まることができた。ロンドンのLSE並のお値段だったのだ。(ちなみにラックレートは一応約14000円ということになっている)

ibis Styles は メルキュールやノボテル、ソフィテルなどを展開するアコーホテルズのチェーンで、「多様なスタイル」つまり ibis の規格に届かないこともあるという安めの宿だが、私にとってはチェーンホテルというだけで十分贅沢な選択肢だ。しかも、この時は5000円代なのに朝食ビュッフェもついている。しかも、wifi無料でバスタブ付とある。掘り出し物と言って良い。

気になるのは13区というロケーションなのだが、パリはそんなに広い街ではない。ホテルから徒歩3分、190mの距離にあるビブリオテーク駅からシテ島南部のノートルダム駅まで地下鉄で14分。観光に全く問題はない。都心に泊まるより食費なども安く済む。ホテルの口コミも(テロ発生前から)コストパフォーマンスの高さを称えるものが多く、間違いはなさそうだ。お値段が上がる前に即予約だ。

 

13区という地味なエリアの、ビブリオテーク駅という地味な駅から地味に3分歩くと、地味な建物が見える。

建物は6階建てのようで、客室数は67。必ずしも大きなホテルじゃない。

 

部屋は広くはない。私の予約したスタンダードダブルは約13平米。まさにビジネスホテルの広さだ。ただ TUNE HOTELS とは違って、小さいけれど一応室内にライティングデスクがある。ネットやPCを多用する身に、これはうれしい。TUNE HOTELSみたいに、机も椅子もなくて、壁に収納された板を倒せ、みたいなシステムではない。in room safe もありますな。これも結構メリットが大きい。

Jpeg

 

 

そして特筆すべきは、バスタブの存在だ。

階段がぎしぎしいうことなくエレベーターが使え、しっかりした壁があり、バスルームにはバスタブがある。このお値段でパリではなかなか望めない条件だぞ?

そして朝食だって、パリの安ホテルとしてはなかなか充実している。

 

特に気に入ったのが、オレンジをそのまま絞るジューサーだ。

これ、あまり安めのホテルではみかけることはない。前回見たのはオークランドのノボテルだったから、アコーホテルズはこれ好きなのかな?

 

ホテル代の高いパリで安ホテルに泊まると、暑いとか寒いとかうるさいとか虫が出たとか、まぁ、値段相応になることが多いのだけれど、いくら13区だとは言え、このホテルが5000円代というのは破格だった。テロの衝撃も収まった今では多分最安で50%offの7000円代なのだけれど、それでも十分に安い。地下鉄駅まで徒歩3分、シテ島まで15分、ロケーションだって悪くない。むしろ安く食事ができて助かるくらいだ。

パリへはベトナム航空が成田/羽田/名古屋/関空/福岡発で22000円からという破格の航空券を売っていて、これは今最安水準のトルコ航空より安い。遠回りだし、乗り継ぎも長時間で場合によっては1泊しなければならないけれど、ベトナムとパリでバゲットの食べ比べをするのも悪くない気がする。ってか、20000円代でパリ往復だったら、私なら大抵のことは我慢できる。ホーチミンなら$20台から小綺麗なミニホテルもあるので、トランジットも安上がりだ。

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-フランス, 西ヨーロッパ
-, ,

スポンサーリンク