世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

スペイン プライオリティパス・ラウンジ

2017バルセロナ8 Renfeで空港に向かい、国内線でプライオリティパスでラウンジを使った件

2018/09/19

バルセロナでは、ゲストハウスの広いキッチンと安いスーパーの食材で、極めて豊かな食生活を送った。

また、バルセロナには他のヨーロッパの大都市に負けずアジア食品店が何軒かあり、味覚ホームシックにも対応できる。

宿の近くにも日本食材メインの東京屋や、中国系住民の居住エリアにある東方行などがあり、醤油や米、インスタント麺や米、カレールーなどが手頃な価格で手に入る。毎日のごはんがおいしいと元気が出るよなぁ。

 

そんな幸せなバルセロナを出てマドリッドに向かったのは、今回利用したアエロフロートのバルセロナから東京への乗り継ぎがこの時期には大変に悪かった(深夜便の上、モスクワで10数時間待ち)ことと、マドリッドまで出れば帰国便の乗り継ぎ時間も良い上に、一度行ってみたかったトレドにも行けるなぁ、と判断したためだった。

バルセロナからマドリッドはスペインの2大都市を結ぶ幹線であり、バス、列車、飛行機ともたくさんの便がある。バスは所要8時間で19-45€、ちょっと憧れていた列車 renfe は所要2時間30分だけれど50-100€(しかも安いのは朝5時台出発)、そして飛行機が所要1時間25分で40-200€。予定日には朝9:30発のブエリングが約40€だったので、このフライトを予約する。スペインも列車よりLCCが安いのだなぁ。

 

というわけで、空港までrenfeに乗る。往路同様列車1本で楽なことこの上ないはずだと思っていたのだが、バルセロナ市内 B. PG.GRACIA駅からの renfe は西行きでも空港方面に行かない北回り路線もあるし、南回りでも空港へ乗り換える必要がある場合が多いので注意したい。私はしっかり乗り過ごした。ちなみに乗換駅は、どうやら、El prat de llobregat だったらしい。危ない危ない。

 

 

列車にはもちろん、便によってはバスよりお安いお値段を提示してくれたvuelingは、LCCだけれどバルセロナを拠点とするためか新しい第1ターミナルからの出発となる。

バルセロナ El Plat国際空港には、T2に1つ、T2には3つのプライオリティパスが使えるラウンジがあり、ブエリング便が出発するT1には、なんどシェンゲンエリアどころか国内線でも利用できるラウンジがある。シェンゲンエリア利用者はラウンジにアクセスできないパリ・オルリーとは大違いだ。ぜひここで朝ご飯をいただこうじゃないか。

 

Sala VIP Colomer ラウンジ。

 

T1にはシェンゲンエリア外に行く乗客のためのSala VIP Miro、シェンゲンエリア内国際線乗客のためのSala VIP Pau Casals、そしてバルセロナ/マドリッド間のシャトル便利用者のための Sala VIP Colomer がある。

イベリアではなくLCCのブエリングごときでも「シャトル便」と扱ってもらえるかどうか多少悩んだが、オフィシャルには "T1 Barcelona-Madrid Shuttle flights only" とだけあり、航空会社は指定されていない。果たしてどうなるのかとプライオリティパスと搭乗券を提示してみる。

 

入れた。

 

育ちの良い人や、あるいはそう思われたそうな人が時々「ラウンジは出発までの時間をまったり過ごすところ」などとの戯れ言を言うのを聞くが、私にとって空港ラウンジの優劣は、ミールの豊かさ、シャワー(の有無やブース数)、そして居住性で決定される。そういう観点では日本国内の日系ラウンジはほとんど最低水準と言って良い。しかし、バルセロナのマドリッドシャトル専用ラウンジには、充実したコンチネンタルブレックファスト+αが用意されていた。

 

出発まであまり時間もないし、私としては軽めの朝食をいただく。

 

飲みかけの水を「これ、いただいていいですか?」と断ってラウンジを出る。基本ラウンジの飲食物はラウンジでいただくのがルールだけれど、飲みかけの水を持ち出そうとして断られたことは、国内某空港の某ラウンジを除いて一度もない。カバンに缶ビールを詰め込んでいた利用者を見たこともあるからスタッフの言い分も分からないではないけれど、飲みかけの水までかよ、と思わないでもなかったことも本当だ。

 

Vuelingの1日3往復しかない「バルセロナ・マドリッドのシャトル」は定刻に出発した。

2016年の私の夏の旅行は、最後の目的地、というより、乗り継ぎ時間調整のためのマドリッド(一応ちょっとだけ観光のための2泊)に突入する。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 人気ブログランキングへ

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-スペイン, プライオリティパス・ラウンジ
-,

スポンサーリンク