世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

スリランカ

2017スリランカ18 宿代の高いコロンボでは、シティレストフォートのドミトリーに1泊$15で泊まった件

キャンディを出た列車は、約3時間でコロンボのフォート駅に到着する。

コロンボは、スリランカの首都だけれど、見所があまりなく、渋滞が少なくなく、そして市街地が広い。どうしても宿泊場所の選択にはやや慎重になる。空港に近いネゴンボに泊まることも考えてもみたけれど、あそこは「海沿いに街とホテルがある」というだけで海は汚く「ビーチリゾート」という気はしない。まぁスリランカで「ビーチリゾート」なんか行かないけれど。

というわけで、今回はキャンディからの列車が到着する駅から徒歩圏内で、更には空港に向かうバスも出るフォートエリアに宿を取った。シティレストフォートだ。

コロンボの宿は安くはない。ロケーションにこだわり内容と評判の良い宿に個室で泊まろうとすると、そこそこの値段になる。そこで今回は、シティレストフォートのドミトリーに泊まることにした。

正直私はドミトリーが好きなわけではない。旅行者同士の交流は寝室以外でしたいし、バスルームは室内に欲しい。ドミトリーに泊まる理由は「宿代の節約」だけのタイプだ。だからこそ、ドミトリーでは居住性や快適さが大変気になる。が、シティレストフォートのドミは、南アジアとしてはかなり秀逸だった。

ドミに窓はないが、良く効くエアコンはある。寝具は清潔でタオルもある。各人にロッカーもアあるし、各ベッドにひとつづつ専用のコンセントがある。よく分かっていらっしゃる宿なのだ。

洗面所とシャワーも、例によって脱衣スペースがあまりないこと以外は、十分合格点だ。

そして秀逸なのが朝食だ。ビュッフェスタイルの朝食は、この価格帯の宿としてはかなりがんばっていると言って良い。

残念な点は、といえば、パブリックスペースが十分ではないことだろうか。洗濯物を干すのにも便利で意外と居心地の良い屋上はあるのだが暑いし、他に椅子のある場所である食堂や階段の踊り場にはエアコンがなく、昼間涼しい場所でネットなどを使いたい宿泊客は、ロビーにたむろしている。ドミトリーはパブリックスペースが快適でないと、居場所がないんだよなぁ…。

まぁ、コロンボのフォートエリア、ダッチホスピタルの真裏で1泊15ドルという価格を考えれば、シティレストフォートはかなり良い選択肢だと思う。個室が欲しいなら2段ベッドふたつで$60、バスルームが欲しいのならツインで$70になるけれど、ふたり連れなら$70のツインも検討する価値はある。

ついでに白状しておくと、夜の11時過ぎにクアラルンプールに飛ぶ予定だった自分は、出発日にはこの宿に荷物を預け、ついでに夜「シャワーお借りできませんか」とお願いする気満々でいた。荷物を預かってくれることはTunehotelでもないかぎり普通のことだし、ちょっと気の利いたゲストハウスなら、出発前に共用のシャワーを使うことも結構断らない。実際私は、空港に向かう前、シャワーを借りることができた。もちろんその時のタオルは自前だったけれど。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-スリランカ
-,

スポンサーリンク