世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

ポーランド

旅メモ LOTポーランド航空ワルシャワ/成田LO79便の機内食と、内緒のカップ麺と、ゲートでのアップグレード価格と、エコノミー最強の座席選び

2018/01/11

実はもう帰国したのだけれど、旅行記をいつ書くか分からないのでこれだけ書いておく。

帰路のワルシャワ→成田便のサービスだ。まずは映画。これは月替わりのようで、12月のフライトとは内容が変わっていた。邦画は4本、他に日本語吹き替え版の映画がそこそこある、という感じだな。

LOTの成田/ワルシャワ便のミールは、往復ともに出発してすぐと到着直前に出てくるようだ。まずはドリンク。往路同様、2種類の飲み物を勧められる。定番の赤ワインとガス入りの水。空腹時はビールなのだけれどさっきラウンジで食べてしまっているし、こういう時はこの組み合わせが最強だな。

そして一回目のミール。「チキンのヨーロッパ風」と「チキンの日本風」があるとのことで、日本風をいただいてみる。ごま塩のかかったジャポニカ米のごはんがあるだけでうれしい。飲み物はトマトジュースをお代わりする。

そして到着前にはキッシュかヌードルということでヌードルを選択。予想より細い米の麺、多分ビーフンだな、これは。

どちらも典型的なエコノミークラスの食事という感じで、私には十分においしい。

ちなみにシートポケットにはスナックや飲み物のメニューがあるので、機内食以外は有料かと思っていたのだが、そうではなかった。機内前方のトイレが混んでいたので最後尾に入ってみたら、ギャレーでは飲み物やスナックがワゴンに乗せられていて、乗客は自由に口にしている。これについてアナウンスは一切ないし、往路では気がつかなかったぞ!

ここで特筆すべきは、ポーランドのカップ麺 "OYAKATA"ラーメンだろう。ワルシャワのホテルにもおいてあったこのカップ麺は、味の素のマークがついている。スーパーでは4ズウォティ、ホテルでは8ズウォティ位していたこのカップ麺、機内では無料だ。味噌味とチキン味があったので味噌味をいただく。あ、お湯はいれてくれるんだね。

機内は気圧が低いしJALのうどんでスカイの様に低い気圧と温度に特化して作られているわけでもなく、ややぬるくて麺は固めだけれど、それでも機内でのこのジャンク感はちょっとうれしい。日本のカップ麺と全く変わらない味だ。

 

ちなみに私の席からはアップグレードするかどうか迷ったプレミアムエコノミーがよく見えた。真後ろだったからなのだけれど、

うーむ、結構ピッチ狭いのだな。最前列はバルクヘッドだけあって多少余裕を感じるけれど、2-3列目はそんなにゆったりしているわけじゃない。ミールやドリンクは食器を含めYとは大違いだったけれど、10時間弱なら価格程のメリットはないかもしれない。

そう、価格と言えば、LOTは例のオークション型オンラインアップグレードの他、ゲートや機内でもアップグレードのオファーがあった。オファーと言うよりアナウンスだな。

このアナウンスは日本語でもなされる。曰く、「かいてきな、びじねすくらす、ぷれみあむえこのみーへの あっぷぐれーどを かいたいひとは、17ばんゲートのスタッフに、いってください」

とのことなので、一応価格を確認してみたところ、

「エコノミーからだと、プレミアムエコノミーへは1200ズウォティ(≒38900円)、ビジネスへは3000ズウォティ(≒97200円)」とのこと。これなら、事前入札の最低価格、プレミアムエコノミー22165円、ビジネス78555円の方がお安い。当日空席があったのだから、多分最低価格でも入札できる気がする。

 

座席と言えば、私はチケット購入時なぜか EXIT ROW を無料で指定できた。

 

20番は足下の広いEXITROWなのでちょっと楽しみにしていたのだが、本来有料で10ユーロかかる座席指定をしていなかったせいか、webチェックインで指定された座席は別物だった。まぁ、窓側だったりバルクヘッドだったりしたので、そんなに不満はなかったのだけれど、

というより、むしろその方が良かったようだった。LOTの787の20J,20A(どちらも窓際)は、座席の前に地味な出っ張りがある。これはあの seatguru ですら指摘されておらず、他のexit rawと同じ扱いなのだ。危ない危ない。

 

20Aなら左側、20Jには右側のドアの出っ張りがあり、シートの端からまっすぐに足を伸ばせない。危うくここで20時間を過ごすところだった。

じゃぁエコノミーではどのシートがベストかというと、ここ。

帰路私が座った7列だな。

ここはエコノミーの最前列で、ドアがないから Exit Row ではないけれど、目の前にプレエコとの壁があるので Bulkhead Seat ではある。そこそこの距離に壁があるため、時々そこに足を預けることができる。例のフットレストも置きやすいけれど、あれが活躍するのはむしろ足下がもっと広い20B~20Kかもしれない。

というわけで、今回思ったこと。

・LOTのプレエコはシートピッチは、結構狭そうだった。
・事前にシートを予約するのなら、バルクヘッドの7A-7Jが良い。
・イクジットローの20番台なら、窓際の20A、20Jは避けた方が良い。

プレエコの片道2万以上、ビジネスの片道8万近くは払えなくても、10ユーロで7列目を予約するのは、そこそこコストパフォーマンスは良いかも知れない。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-ポーランド
-,

スポンサーリンク