世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

ウズベキスタン

2017ウズベキスタン12 高速鉄道アフラシャブ号のVIPクラスでタシケントからブハラまで3時間50分で移動した件、と車内食と各クラスの紹介

ウズベキスタンの高速鉄道路線「タシュケント・サマルカンド高速鉄道」は2011年に運行を開始した。そしてこの軌道を走るのが、スペイン・タルゴ社が作ったTARGO250、スペインでは Renfe130系として知られている高速鉄道車両であり、ウズベキスタンでは「アフラシャブ号(Afrosiyob)」と呼ばれている。

(上の写真はブハラ駅で後日撮影したもの)

厳密に言うと「タシュケント・サマルカンド高速鉄道」は、タシケントからサマルカンドまでで、その先のブハラまでは新しく敷設された路線ではあるのものの、少し規格が低いらしい。しかしアフラシャブ号はそんな事情は関係なしに、タシケントからサマルカンドまでを2時間10分で、そしてタシケントからブハラまでを3時間50分で結ぶ。

大観光都市であるサマルカンドまでは1日3便走り(7:30-9:38、8:00-10:08、18:50-20:58)、そのうち7:30発と18:50発の2本がブハラまで直行する。私は前日になんとか手に入れた18:50発アフラシャブ766列車のVIP席のチケットを持って駅に向かった。

チケットを買った時と同じバスターミナルのある駅の南西側(右側)のゲートでセキュリティチェックを受け、駅構内に入る。待合室はそこそこ混雑していて、椅子もぎりぎり空きがない、という感じだ。とりあえず売店で飲み物を買う。ちなみに駅の売店はあまり評判がよろしくなく、食べ物などは外で買っていった方が良いとのこと。まぁ、お茶くらいいいでしょう。

 

トイレは800スム。ちょっと早くきてしまったせいもあり、なんとなく余計な出費がかさむ。これならぎりぎりまでホテルの食堂でくつろいでいた方が良かった。サンライズならチェックアウトの後でもネットを使ったりコーヒーを飲むくらい絶対だめとは言わないはずだ。失敗したなぁ。

どんどん混み合ってくる待合室で時間をつぶし、やっとホームへ。アフラシャブ号とご対面だ。

実はここまでの2枚のアフラシャブ号の写真は、どちらも後日ブハラ駅で撮影したものだ。というのも、私は「ウズベキスタンの鉄道駅は撮影禁止」と聞いていたので、タシケント駅ではカメラを取り出せなかったのだ。この時も列車を撮影している人もいたのだが、地下鉄の厳しい取り締まりを見た身にはどうしても真似ができなかったのだ。

しかし実際のところ、アフラシャブ号の撮影は結構自由で、それを知ったのがブハラ駅だった、という経緯があった。

 

それはともかく、車内を紹介すると、これがエコノミーで、

これがビジネスクラス、

そしてこれがVIPクラスだ

メモをなくしてしまって正確な運賃は書けないのだが、VIPが10万スム代後半、エコノミーが9万スム代、ビジネスはその中間くらいだったと思う。VIPしか空席がないと聞いた時は少しショックだったけれど、実際に乗ってみると満足感は値段以上だ。VIPはエコノミーの倍するかしないかくらいだったし、仮に20万スムとしても約2613円、4時間を過ごす優等列車として全然高いと感じない。

電光掲示板とモニタで現在地と速度が分かる。時速227km、テンションが上がるぞ!

オーディオサービスやPC用の電源もある。

入り口にはコーヒーやカップが並べられてる。お湯はないのでセルフサービスではなさそうだ。多分後でサーブされるのだろうな。これはいいわぁ。VIPクラスいいわぁ。

車窓からウズベキスタンの夕暮れ風景を眺める。良い。大変に良い。太陽は1人がけ座席側に落ちるのでそちら側がちょっとうらやましいけれど、それでも良い。

予想を超えるサービスに満足し、宿近くでかったサンドイッチと駅で買ったお茶を取り出す。テーブルに置いてあった読めない新聞などを読みつつ、夕飯にしようではないか。

と思ったら、アフラシャブ号のVIPクラスには食事がついてきた!

でも、量は少ないぞ!

 

 

これも後で気がついたのだけれど、この列車のチケットは事前にウズベキスタンの旅行代理店で買える。VIPで$55-60と定価の2~3倍してしまうが、どうしても乗りたいという場合にはこの種のサービスでチケットを確保することもできる。宿によってはそんなに高くない値段で手配してくれるところもあるらしい。

私の場合はたまたま前日に購入できたけれど、手に入らない、というケースもあるんだろうな。もちろんその場合は、バスで移動、ということになる。快適さも落ちるけれど、所要時間がただ事じゃなく長くなるのもいたいし、夜行バスは体にこたえる。

ウズベキスタンの旅行は列車のチケット予約と確保が極めて重要、のようだ。

そういえば、予約と言えば今週末3月3日の土曜日19:00から某ネット通販会社のスーパーセールが始まる。私は系列の予約サイトで、なんとしても某都市の宿を3000円で予約したい。これは以前このブログのコメントで教わったことであり、ここでお礼を申しあげておきたい。

いーたんさん、ありがとうございます!

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-ウズベキスタン
-, ,

スポンサーリンク