世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

国内旅行

2018MP3 手数料無料のJリーグチケットQRコード発券で、IAIスタジアム日本平にアウェイ遠征した件

J1のチケットの値段は一般に2000円台からなのだが、場合によってはこれに「発券手数料」なるものが加算されることがある。

コンビニで受け取る場合、セブンチケットならこの手数料は不要だけれど、他の店だと108円が加算されることになりこれが地味に悔しい。全てのチームがセブンチケットを使っている訳ではないのだ。

しかし、JリーグチケットのQR発券システムを使えれば、セブンイレブンの扱いがなくても発券手数料は不要だし、チケットを紛失する心配も全くない。今回の日本平アウェイ遠征では、このQRチケットを使ってみた。

一度QR発券をすれば、あとはそれをメールで送るなり、URLをコピーするなり、あるいはスマホで表示しておいてその画面をキャプチャしておくなり、好き方法でチケットを管理できる。もちろんその全てを行っても良いし、電池切れが不安なら印刷しておいても良い。

 

新清水駅の安ホテル裏手から、日本平スタジアムに向かうバスに乗る。新清水からだと270円と清水駅から乗るより40円だけ安い。

JリーグチケットのQR発券を利用する場合、ほとんどのスタジアムではゲートでQRコードを提示すればそのまま入場できるのだが、ここIAIスタジアム日本平だけでは事情が違ってくる。スタジアムに入るには、当日券売り場でQRコードを見せて、紙のチケットを受け取る必要がある。これを忘れると、裏手にあるアウェイ入場口から引き返してこなければならないので注意が必要だ。

私はアウェイゲートから引き返し、少し悲しかった。

(QRコード提示で受け取ったチケットは妙にシンプルな印象を受けた。別に要らないのでは?と思わないでもない)

そして今回のアウェイ遠征では、ビジター2F自由席ではなく、200円お高いアウェイ側の1階自由席のチケットを買ってみた。ここはレイソルサポ専用の2F自由席と違い、ここはどちらのサポも入れるミックスゾーンになるのだが、2階とは違う200円以上のメリットがあった。まず、ピッチが近い。

日本平はサッカー専用スタジアムでどの席からでも試合は見やすいけれど、ここは2階よりずっと近い。ちなみに2階からだとこんな感じになる。

1階はこの2階席が屋根になるので、雨の日でも雨合羽なしで観戦ができる。アウェイ遠征の場合チケットや宿との兼ね合いもあり、天候を見てから当日チケット買うことが難しいので、雨の日でも濡れずに観戦できる安心感は大きい。しかも、応援に熱心なコアサポは2階に行ってしまっているので、普通ならまずいることのできないゴール裏で自分のペースで観戦ができる。

しかも1階は結構空いていた。この日は雨はなかったけれど日差しがかなり強く、直射日光を避けることができただけでも1階のメリットは大きかった。

更には日本平の場合、控えの選手は1階ゴール裏とピッチの間でアップを行うので、その様子が目の前で見える。レイソルホームの日立台もピッチは近く、メインスタンド等からアップの様子はよく見えるけれど、日本平の1階ではそれをもっと見やすい近さで見ることができる。これもなかなか得がたい経験だ。

日本平の1階、なかなか侮りがたい。これで試合に勝てれば最高だったのだけれど。

あー、富士山がきれいだ。メインスタンドからこの富士山は見えるのだそうだ。

 

清水エスパルスは、試合に勝った時だけ、エスパルスドリームブラザで選手のトークショーを行う。レイソルサポである私だけれど、どんなもんなんだろうと、このトークショーに潜入してみた。

チケットの半券かドリームプラザのレシートがあれば抽選会にも参加出来るという。私はミックスゾーンの1階自由席の半券を見せ、抽選券をもらった。

そうか、このためのQRコード/紙チケット交換だったか

イベントを見ていて思ったのは、エスパルスのファンサービスの熱心さだ。トークショーに参加した選手は二人だったけれど、くたくたであろう試合後にスーツを着込んでイベントに出るなんてと、素直に感心する。ショッピングモールとの共同イベントなのかもしれないけれど、芸人を呼んで司会をさせ、なんと六反選手のグローブまで当たる抽選会を行い、勝利を祝うこのイベント、レイソルには無理だろうなぁ…

と、今回はサッカーネタばかりで旅行ネタはほとんどなかったけれど、たまにはこんな日もあってよい、んじゃないだろうか。

何しろ今回のユナイテッドマイレッジプラス5000マイルによる静岡→千歳→根室中標津→羽田の旅は、このアウェイ遠征がきっかけだったのだ。全く興味のない方々には申し訳ないのだけれど、多めに見ていたれければ、と思わないでもない。

てか、一度レイソルの応援に来ませんか?

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-国内旅行
-, , ,

スポンサーリンク