世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

プライオリティパス・ラウンジ 香港・深セン

2018台風香港① HKexpressのバーゲンチケットで香港に飛び、到着後プライオリティパスが使えるプラザプレミアムラウンジで夕飯をいただいた件

2018/09/20

この9月の3連休に香港に行ったら、インターコンチホテルの窓を割りまくった激烈台風22号 "山竹(Mangkhut)"に遭遇した。

1日ホテルに閉じ込められたり、台風の風で転んだり、帰国便がキャンセルになり必死でチケットを探し香港→ベトナム→韓国→日本の3カ国をLCCでつないで帰国したりと、結構散々な目に遭った。まだまだここにまとめていない古い旅行もいろいろあるのだけれど、この記憶が思い出に変わる前に記事にしてみる。

まずは往路のフライトなのだが、毎度おなじみのHKexpressだ。ここは48時間前からオンラインチェックインができる。私はここのオンラインチェックインで窓側か通路側以外だったことがないので、毎回利用している。

HKExpressはオンラインチェックインを済ませておけば、成田でも出発40分前までにゲートに到着すれば良いので、時間にも余裕ができる。更に言えば、あまり勧められたことではないけれど、ゲートが閉まる20分位前までは飛行機に乗ることができる。ただしwebチェックイン、モバイルチェックインの場合ゲートで紙の搭乗券を受け取る必要があるので、あまり直前はまずいし、40分前を過ぎたら乗れなくても自己責任だけど。

もともと香港が大好きで最低でも年に1回は出かけていたのだけれど、HKexpressの登場でその頻度はやたら増えた。なにしろここのバーゲンは結構な頻度であり、しかも日本の連休をあまり考慮しない魅力的な価格が多いのだ。同じLCCでもジェットスターやバニラ、関空のピーチも日本の連休にはそれなりにお高い料金になるけれど、HKExpressは違う。他の時期同様普通にお安いバーゲン運賃がある。

今回の運賃は往復で7760円。これに税金/空港使用料/手数料7200円と予約手数料1360円で総額16320円。3連休前日の夜8時25分に出発し、つまりは仕事を休まないで空港に直行できる3連休のチケットがこの値段なのだから、これは見逃す手はない。

HKexpressは飲食物持ち込み禁止なので、いつもの助六は持ち込めない。しかし機内の割高でイマイチなミールを注文しなくて済むように、私はいつもゲート前でおにぎりをいただく。貧乏くさい話ではあるけれどそういう性分なので仕方がない。

しかし機内では普通にペットボトルのお茶を持ち込んでいる人が目立つ。いや、もう「目立つ」というレベルではなく、多くの人が持ち込んで普通に飲んでいるし到着前にはCAも普通に空いたペッドボトルを回収している。実は私も今回はお茶を1本持ち込んだ。周辺には売店で買ったホットドッグを堂々と食べている客までいて、CAとしても対応しきれないのかもしれないなぁ。

成田20:25発のUO651便は定刻前の23:40頃に香港に到着する。イミグレからシャトルに乗るサテライト、しかもバス移動なのでイミグレまではそれなりに時間はかかるし、イミグレだって混むときはめちゃくちゃ混むし、A20-21バスに間に合う時間でもない。実際この時間帯のイミグレは空いている窓口が少なく、入国に1時間弱かかった。

さすがに食べ物までは持ち込めなかった私は、入国後、AirportExpressホームの地下にあたる場所にある、ランドサイドのプラザプレミアムラウンジに遅い夕食をいただきに行く。おにぎりだけで4時間、お腹も空く時間だ。昔は早くホテルに着きたいし機内食が出ることもあったしあまり関心はなかったのだけれど、以前ブログのコメントで指摘をいただき、なんとなくそれから利用することが多くなった。飲食物持ち込み禁止のHKExpressシフトせいでもあるな。

どうせプライオリティパスが使えるし、この程度の食事ならお茶を含めて20分もあれば十分だ。今回は残念なことに厨房の清掃時間に当たり、香港プラザプレミアムラウンジ名物のヌードルバーはお休みで、更にはホットミールも焼きそば1品という寂しさだったけれど、飲み物がいただけるだけでもよろしい。

ちなみにこのラウンドサイドのラウンジに限ってはビールは別料金。確か2-30HK$もするので、私は一度も注文したことがない。

ラウンジは混んでいた。テーブルのある低い椅子は全て満席で、仕方なしに中央のカウンターで食事をいただく。椅子席の客はほとんどが仮眠中。これはプライオリティパス人口が増えて、このランドサイドプラザプレミアムラウンジが「深夜空港到着時の仮眠場所」として知られてきたからなのかもしれない。

チェックイン時に「滞在は3時間までです」と料金表を見せられたのは、「容赦なく追加料金を取りますよ」というメッセージだったのかもしれない。料金は確か3時間までだってタリフ的には700HK$(≒10000円)だったはずだ。更に追加料金とか、私には払う意思も能力もない。

飢えが満たされたので、オクトパスカードに100HK$トップアップをして、バス乗り場に向かう。

今回の宿があるシャムスイポまではN21番バス、20分ごとに出発するので待ち時間はあまりない。Nバスなので空港内や青衣を行ったり来たりして時間はかかるけれど、深夜到着時に他に選択肢はない。ただ噂では、どこかに「タクシー」という乗り物があるとは聞いている。

まぁこうして私の香港3連休 -前日深夜前倒し乗り込み- が始まった。3ヶ月ぶりの香港だ。

そしてこの時、これから始まる台風祭りを、私はまだ予感していなかった。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-プライオリティパス・ラウンジ, 香港・深セン
-, , ,

スポンサーリンク