世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

ポーランド

2017-8 ポーランド2 ワルシャワの街を散歩してたら、スマホのSIMが大変に安かったので2枚購入した件

今回、ワルシャワを起点とした旅行のルートは、こう決めていた。

ワルシャワからクラクフに移動し3泊、プラハに移動し3泊、ベルリンに移動し3泊、そしてワルシャワに戻って2泊。全て陸路移動とした。

LOTポーランド航空でワルシャワに到着、すぐクラクフに移動しても良かったのだけれど、とりあえずワルシャワに2泊して体のリズムを整える。1泊だと到着翌日の移動となってしまうので、私はこれくらいゆったりしたペースの方が好きだ。今日はワルシャワを散歩して過ごす。

今回泊まったプレミアクラッセ・ワルシャワはワルシャワ/オホタ駅に近く、ワルシャワ蜂起博物館まで約1kmと徒歩圏内なので、まずは北に歩く。


お、ホテル裏にガソリンスタンドにコンビニ。そういえば朝ご飯食べてなかったな。

無料WifiつきイートインのあるサークルKでは、ソーセージやジュースを売っている。そういえばポーランドと言えばキウバサ(ソーセージ)が名物だった。食べたい。

ジュースはオレンジをその場で搾るタイプもので、少し高いけれどおいしそうだ。ホットドッグよりジュースの方が高くなるけれど、到着初の食事、贅沢をしちゃえ!コンビニが贅沢というのも貧相だけれど。

絞りたてオレンジジュースとホットドックで17ズウォティ(≒512円)。大変においしい。が、その後、ワルシャワオホタ駅前のソーセージ屋で10ズウォティも出せば、大きなソーセージとビールをいただいてお釣りが来ることを、この時点の私は知らない。

10分程度でワルシャワ蜂起博物館に到着するのだが、12月の24日から26日、1月1日、そして1月6日はお休みだった。まぁそうだよね。

こういう日は街歩きをするしかない、と東の繁華街方向に歩く。

お、こんな町外れに両替屋だ。さすがにこの日は休業だったけれど、ポーランドの街中には ”Kantor” という両替屋がよくありレートも悪くない。ユーロ圏に隣接するユーロが使えない国には街中の両替屋が少なくない気がする。

ワルシャワ市内には、慰霊のモニュメントや戦闘を描いた壁がよく目に入る。1944年、市民が蜂起したこの街は、ドイツ軍の侵攻とソ連軍の黙認により一度壊滅した。亡くなった市民の数は18万から25万人と言われている。多くのモニュメントは、その犠牲になった人を偲ぶものだ。

ちなみに第二次世界大戦で亡くなったポーランド市民の数は591万人、日本が約80万人と言われるから、その7倍以上ということになる。

通りの向こうに見えるソ連臭漂う建物は、文化科学宮殿だ。歩いてみよう。

文化科学宮殿は「スターリンによってポーランドに贈られた」42階建ての高層建築で、その高さは188m。展望台もあるし、館内には映画館や劇場、そして博物館がある。

まぁ当然の様にクリスマスはお休みだけれど。

文化科学宮殿から更に西に20分ほど歩くとフレデリックショパン博物館があるのだけれど、もちろんお休みなので、周辺の公園を散歩して過ごす。

ちなみに私はこの時「この博物館は、かつてショパンが住んでいたか何かなのかな?」と思い込んでいたのだが、実は特にそういうご縁はなく、かつて貴族が建てた館を博物館として利用しているだけらしい。

ちなみにショパンの生家はワルシャワから50km少し離れたジェラゾヴァ・ヴォラに、遺体はパリに、そしてその心臓はワルシャワ市内の聖十字架教会の壁にある。ショパンの希望に添う形で葬儀前に取り出し、姉がポーランドに持ち帰ったのだそうだ。

クリスマスで開いている店も多くない中、ワルシャワセントラル駅前のショッピングモールZłote Tarasyとスーパーマーケットは午後の3時か4時まで開いていると聞き、東に歩く。私はスマホ用のSIMが欲しい。

Złote Tarasyにはポーランドの携帯会社であるOrangeがありそこでSIMが買えると聞いたいたのだが、Orangeに行ってみると「もうSIMは扱っていない」とのこと。

「えー、そうだったの?」と困っていたら、「少し先にT-Moblieがあるから、そこで買えると思うよ」と教わる。ふむふむ。

お値段を聞いてみると「1Gが4.99ズウォティ(≒150円)」とのこと。安い!!

APNの設定やアクティベートまでやってもらって150円、申し訳ないことこの上ない。

ただしこれは「スターターパック」なので有効期間が5日間だと言う。多分再チャージをすれば有効期間は延びるらしいのだけれど、私はこれから5日間、そして帰国前に3日間しかポーランドにいない。

じゃぁ、SIM2枚買っておこうじゃないか。2枚買っても300円、ポーランドに戻ったときまた買いに来るのも面倒だ。

SIMを2枚確保し、クリスマスで短縮営業閉店間際のスーパーに向かい、今夜と明日の食料を買い込む。クリスマスにだって探せば開いているレストランくらいはあるだろうけれど、

 

 

ただ、この寿司はあまりお勧めはできないかもしれない。

この日の移動距離は約8km。

初日の「散歩」としてはちょっと距離があったかもしれないけれど、朝から夕方までだらだらと歩いたので特にきつくはないけれど、もちろんバスやトラムの24時間チケットもある。

そういえば昨日空港からの電車が動きだしたのは、スーパーの閉店時間の24時間くらい前だった。15ズウォティの24時間券(Zone1)を買っておけば、今日一日(夕方まで)の交通費は不要だったことになる。75分券4.4ズウォティとの差額は10.6ズウォティ(≒320円)。

こっちにしておけば良かったかなぁ…

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → 海外旅行ランキング

 
関連記事と広告


-ポーランド
-,

スポンサーリンク