世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

プライオリティパス・ラウンジ ポーランド

2018ポーランド18 S2列車でワルシャワショパン空港まで行き、プライオリティパスが使えるエグゼクティブラウンジボレロでランチをいただいた件

私がワルシャワのホテルに選んだ1泊3500円の快適ホテルプレミアクラッセは、ワルシャワショパン空港からS2列車で21分の、ワルシャワオホタのほぼ駅前にある。

このホテルのチェックアウトは12:00まで、そしてワルシャワ発成田行きのLO079便はワルシャワ発14:40/成田着09:15というスケジュールになるので、帰国日は「ホテルでたっぷり寝坊して12時まで過ごし、そのあと電車に乗ってチェックイン」という、大変ゆったりしたスケジュールで過ごすことができる。

欧州線の午後現地発/朝成田発というのはなかなか理想的なスケジュールで、現地夜発に比べて体力の消耗が少なく、個人的には大変好きだ。

ワルシャワ出発の朝、まずはオホタ駅前で恒例となったソーセージの朝食。




ここのソーセージは量り売りもしてくれて、種類にもよるけれどここに初めて来た日には2/3程のソーセージが4ズウォティ(≒115円)だったと思う。今回は1本+パン少しで6ズウォティ(≒173円)。朝食にも良いし、夕方には地元の人がこのソーセージでビールを飲んだりしている。どちらもとても楽しい。

ちなみに到着の翌日私がホテル近くのコンビニのイートインで食べたホットドッグとオレンジジュースは総額で17ズウォティだった。飲み物なしとはいえコンビニの1/4とは、ありがたいお値段だ。

朝食後ホテルでシャワーを浴びてだらだら過ごし、チェックアウト後徒歩3分のワルシャワオホタ駅へ。

S2列車で直行ではあるけれど、このS2列車は1時間に2本しか走っていない。このことはワルシャワ到着時に知っていたので、帰路は事前に時刻表をチェックしておいた。適当なタイミングででて2分前に列車が出発の28分待ちというのはあまりに悲しい・

今回の場合、11:56発に乗れば12:15には空港に到着、14:40発の便には十分な時間となる。

オンラインチェックインをしてはいたのだけれど、時間に余裕もあったのでカウンターで紙の搭乗券をもらっておく。ホテルで搭乗券をプリントアウトすると少しお金がかかってしまうし、ショパン空港はスマホの画面を見せて、という雰囲気でもなかったしな。まぁ実際には確認していないのだけれど、こういう場合には安全策を取るに限る。

予想通りというべきか、入国時同様と言うべきか、出国カウンターもかなり混雑している上に列が明確でなく、強引な割込みも目にしつつ結構並ぶ。ポーランド航空はスケジュールもサービスもお値段もなかなか優れものだけれど、ワルシャワショパン空港のイミグレはちょっとなぁ、だと思う。これ、誰かポーランドの当局に伝えてくれないだろうか?

なんとか出国を終えて、プライオリティパスが使えるラウンジへ。

国際線ターミナルAには、エグゼクティブラウンジボレロ(EXECUTIVE LOUNGE - BOLERO)とプレリュディウムラウンジ(PRELUDIUM LOUNGE、英語ならプレリュードラウンジとなるのかな?)があるようなのだけれど、今回は目に飛び込んできたボレロへ。


ふむ、有料だと一人当たり130ズウォティ(≒3760円)になるのだな。私が気に入ったオホタ駅前のプルミアクラッセが税/サービス料込みの総額で116ズウォティだったのに、130とは言ってくれるじゃないか、である。プレミアクラッセは12時チェックアウトで116だぞ?まぁ、比べる方がおかしいのだけれど。

とりあえずはランチ、だ。私はラウンジ≒食堂+シャワーという揺るぎない信念を持っている。ラウンジ≒出発までゆったり過ごす場所、などという意識はかけらもない。




大変豪華、とは言わないけれど、ヨーロッパのラウンジにしてはミールはなかなか悪くない。キッシュやポテト、サラダやハム、チーズで昼からビールをいただく。ヨーグルトがあるあたりなんとなく朝食っぽい雰囲気も漂わないではない。

ラウンジにはシャワーもあった。2時間前にはいったばかりだからさすがに私は使わないけど。タオルは、きっと受付でお願いすればいいのかな?

ビールとランチでお腹をいっぱいにして、ゲートへ。ここではゲート前で有償アップグレードを募集していたけれど、そのお値段はお安くはない。詳細は過去ここに書いたので気のなる人は見て欲しい。

LO79便。



これもフライトの詳細は既にここに書いてしまったので、繰り返すことはしないけれど、これだけはもう一度言っておきたい。

アナウンスはされないけれど、ギャレーに置いてあるポーランド味の素謹製オヤカタラーメンを食べるのを忘れちゃダメだ!

今回ワルシャワから、クラクフ、プラハ、ベルリンを回ったけれど、2週間でこのルートを回るのにワルシャワを起点/終点とするのはなかなか悪くない選択肢だった。ワルシャワ行き航空券は季節によって6万円からだけれど、LOTの場合ワルシャワ往復よりワルシャワ経由で別の都市に行った方がお安くなるケースもあるので、ここはしっかり価格を調べておきたいところだ。

まぁ私はクリスマス休暇のLOTワルシャワ往復を7万3600円で買えたので、何の不満もないのだけれど。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-プライオリティパス・ラウンジ, ポーランド
-, , ,

スポンサーリンク