世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

中国 香港・深セン

2018香港スワトウ13 HKExpress849便で20:00頃香港に到着してE34A(B)→B1バスで福田口岸に行き、深センで1泊102元のビジネスホテルに泊まった件

香港国際空港から深センに行くのに最も安上がりなのが、今回利用したE34A(あるいはB)で元朗まで行き、そこでB1に乗り換えて落馬州/福田のイミグレを抜けるルートだ。

運賃はオクトバスを使いバスを2本乗り継いでHK$21.9(≒311円)、オクトパスの乗り継ぎ割引HK$4が適用されなくてもHK$25.9(≒368円)なのだから、これはかなりありがたい。

羅湖や福田は香港/深セン双方に地下鉄駅があるので使いやすいけれど、香港側の上水から国境の羅湖/落馬州までのMTR運賃がやたら高く、お財布的には使いにくいのだ。この1駅区間だけでHK$24.8と、E34A/B+B1のバス運賃並みなのだから、どうあがいても割高になってしまう。

実は2018年、成田からHKExpress/UO849便で香港に飛んだとき、お高い香港のホテルに泊まるのは嫌だと、まさにこのルートで深センに抜けたので、その時の様子をご紹介しよう。

まずはUO849便。この日は成田発が15:05だった。


飛行機は定刻の20:00頃に到着したけれど、私は香港e道の資格を持っていないので普通に入国審査に並び、到着ロビーに出たのはおよそ40時間後の20:40頃。この時点で福田口岸が閉まるまで残り110分。

残高を覚えていないオクトパスを混雑するセブンイレブンではなくお隣の萬事でトップアップ。

本来ならすぐにでもバスに乗り込むべきなのに、ついつい寄り道。15分で夕食をいただく。もちろん立ち寄り先は鉄道駅下にあるプラザプレミアムラウンジ。こんな時間のないときにタダ飯欲しさにこんな場所によるなんて、我ながら愚かだと思う。



ささっと食べて、バス乗り場へ。E34Bはすぐにやって来た。片道HK$30.9と少し高いけれど空港内をぐるぐるしないA43Pバスがあれば乗りたいところだったのだけれど、E34が目の前に現れたのだから、これに乗らない選択は難しい。どうしても飛び乗ってしまう。


あまり時間に余裕がないときにEバスで空港の敷地内をぐるぐる回るのは、あまり精神衛生上よろしくないのだが、今となっては引き返すことはできない。万一福田のイミグレが閉まってしまったら、落馬州にたむろしてる車で皇岗口岸出口を抜ければ良いとは聞いているけれど、私にはその経験はなく、出来たら避けたい。

1時間経たない頃E34Aバスを元朗又新街バス停降り、軽鉄のおかげで渡りにくい青山公路の対面にある元朗谷亭街バス停まで歩く。

奇跡のような絶妙のタイミングでやってきたB1バスに飛び込む。この時点で10時にかなり迫る、という結構ぎりぎりの時間だ。B1バスは21:30が最終便、もしかしたらこのバスが最終だったのいかもしれない。

それにしてもよくEバスでこの時間に元朗に到着できた、とすら思う。時刻表ではもっと時間がかかっているはずなのだ。

落馬州駅前でバスを降り、イミグレに向かう。


セーフ。ぎりぎりセーフ。

まぁ今回はかなり運が良かったから間に合ったことも否定できない。イミグレもそんなに混んでいなかったし、バスもとてもタイミング良くやってきたし、幸運にも恵まれた。

しかし次回も同様に行くとは考えていない。遅い時間には、E34ではなくA43Pに乗るか、ちょっと高くとも素直に上水経由で羅湖に向かうと思う。

無事深センに入れた私は、地下鉄にのって燕南駅まで行き、この日の宿にありついた。八号連鎖酒店/深圳華強北店。

中国の都市部に良くある雑居ビルにあるホテルだけれど、一応チェーン展開しているだけはあって最低限の水準は維持している。この日の部屋は窓無し。中国の安いホテルが窓無しであることはそんなに珍しいことではない。特に雑居ビルに入っているタイプでは、構造上窓無しの部屋は増える。


ちなみにこの日のお値段は1泊102元。深センのホテルにもいろいろあるけれど、窓無しとはいえエアコンもテレビもお湯のシャワーもあるチェーンホテルの個室が102元というのはかなり安い。

ものすごく清潔とはいかず部屋のクオリティはお値段に相応しいものなのだけれど、それでもこの日の深セン都心部では最安だった。香港で102元=119香港ドルを支払っても、安宿のドミがいいところだし、16平米のったり眠れるだけでも、わざわざ深センに来た価値はある。

これに気を良くした私は、次回のため羅湖の80元の宿に予約を入れてみた。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-中国, 香港・深セン
-, , ,

スポンサーリンク