世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

ホテルおおるり 国内旅行 国内旅行2

2018おおるり③ 上野から往復1300円の送迎バス「湯けむり号」に乗って、激安温泉おおるりの”熱川シーサイドホテル”に向かった件

2019/03/19

毎日朝から夜まで仕事に追われていると、時折日常から逃げ出したくなる。

まぁ結構頻繁に逃げ出してはいるのだけれど、週末の2日程度ではそうそう国外にも行けず、目的地滞在時間が少ないためあまり交通費にお金をかける気になれず、そんなときには近場の温泉に行く。

そして私の場合、「近場の温泉」は事実上ほとんどの場合、激安温泉のおおるりチェーンを意味する。

おおるりチェーンの特徴は温泉がほとんどの宿で源泉掛け流しでお湯が良いこと、湯けむり号という激安の送迎バスがあること、その分部屋は簡素であること、食事は大変に簡素なバイキングであること、そして宿泊費が激安であること、だ。最近300円程の値上げがあったけれど、それでも1泊2食で週末でも5255円からと、その辺のビジネスホテルとあまり変わらないお値段で、我が家とはここ20年以上のお付き合いだ。

今回はおおるりが2軒(少し前までは3軒)のホテルを持っている伊豆熱川の熱川シーサイドホテルに行ってみた。

おおるりは首都圏の各地から送迎バスを走らせている。鬼怒川や塩原までは往復1415円、草津や伊豆までは1633円とそれだけでもかなり安いのだけれど、閑散期には往復800円、676円、500円、そして無料になったりもするので、これはもう激安を超える。今回の熱川もこのお安い湯けむり号を使ってみた。

熱川まで行く湯けむり号は西船橋、上野、池袋、横浜、海老名、小田原から出発する。今回は家からのアクセスが良い上野から乗り込んでみた。乗り場は上野公園第一駐車場、上野駅の公園口を出て右折し3分程歩いた場所にある。場所的には寛永寺近く、科学博物館の真裏、にあたる。

出発は8:40、車内はがらがらだ。西船橋から乗ってきたと思われるお客さんが4人に、上野から乗るお客さんが4人、首都高代が申し訳ないと思うようながらがらぶりで、バスは横浜に向かう。

さすがに横浜では結構な人が乗り込んできて、バスはおおよそ満員となった。

上野から伊豆熱川までは直行して約160km、普通に走っても3時間半はかかるところ、途中横浜駅前やランチ休憩に立ち寄ったりもするので、実際には5時間はかかる。

この5時間を単なる移動を考えるか、楽しいバス旅行と考えるかが勝負の分かれ目だ。私はバス旅行なんて湯けむり号以外ではまずやらないので、結構楽しい。勝ち組だな。

トイレ休憩、

ぐらんぱる公園でランチ休憩。

実はこの日往路にぐらんぱる公園に停車する予定はなかったようで、「本日は渋滞が酷くバスは熱川から引き返さなくなったため、ここで昼食時間を取ります。熱川にはあまり食事をする場所がないので、こちらで召し上がる方が便利かもしれません」とのこと。

グランパル公園にはBBQなどもあるけれどそんなものを食べるほどの時間もなく、フードコートでラーメンを食べる。お味は、まぁ観光地のフードコートそのまま、かな?

午後1時頃おおるりチェーンの中でも最も高価な「おおるりのウドゥルフ=アストリア」熱川シーサイドホテルに到着する。

他のホテルだと1泊2食5800円が多い中、ここは1000円も高い6800円、これは奥日光の湖畔荘と並びおおるりチェーンの中で最高峰のお値段だ。ちなみに鬼怒川の訳ありプランだと5255円、平日4-5連泊の4540円、6800円はおおるり界では1万円くらいの重みを持つ。

その分部屋は良いし、よそなら有料のバスタオルやひげそりも無料でついてくる。まぁ50円とか100円とか、有料といってもそんなものだけれど。



窓からは海とプールが見える。昔はそれなりの「リゾートホテル」だったのだろうな。おおるりでスイミングプールのあるホテルを私は他に知らない。

夕飯まで時間があるので、熱川の街を歩く。


なるほど、バスの運転手さんが言っていたとおり、食事をするような店はあまり多くはない。いかにも古い温泉街で、テルマエロマエのユリウス技師ならば喜ぶのかもしれないが、一般的な感想としては「寂れきった街」と言えなくもない。私はこういう場所は嫌いじゃないけれど、1週間いたら飽きるだろうなぁ。

今お風呂に入ってもまだ夕飯までは3時間以上ある。ここは熱川唯一の大型アトラクションであるバナナワニ園に向かうしかないようだ。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-ホテルおおるり, 国内旅行, 国内旅行2
-, , , ,

スポンサーリンク