世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

アゼルバイジャン アルメニア グルジア コーカサス ジョージア ロシア/ウクライナ/モルドバ/ルーマニア/トルコ

2018ロシア2 送迎バスでモスクワ/シェレメーチエボ空港に近いスカイポイントホテルにチェックインし、1泊681円のスカイホステル内部も見学した件

2019/04/05

SU261便の到着する16:10から深夜23:50まで6時間弱を空港で過ごすことが嫌だった私は、モスクワ/シェレメーチエボ空港から頻繁に無料シャトルの出る空港ホテルを予約しておいた。スカイポイントホテルだ。シェレメーチエボ空港のあるモスクワ州ヒムキには今や数多くのホテルがあるけれど、多分最も頻繁に空港まで無料シャトルを走らせているのがこのスカイポイントホテルだと思う。

予約後来た案内メールには「SkyPoint Hotelでは、Sheremetyevo空港のターミナルF、E、Dへの無料シャトルサービスを提供しています。快適なメルセデス・スプリンターのバスは、毎回12〜30分おきに運行しています」とあり、乗り場の案内図も添付されていた。ふむふむ、ここで待っていれば良いのだな。

シャトルバスは特に予約する必要はない。ただ指定されたバス停で待っていると5分もしないで ”Skypoint HOTEL” と書かれたバンがやってきた。

シャトルは5分程度で今夜の宿スカイポイントホテルに到着する。空港から直線距離だと2km程度、その気になれば歩けないこともない距離だ。歩かないけれど。

モスクワ/シェレメーチエボ空港には、制限エリア内にありロシアビザが不要なトランジットホテルもある。しかしこれらのホテルは結構お高くしかも「閉じ込められ感」がただ事ではない。私が最後にトランジットホテルに泊まったのはもう5年以上前、しかも私の意図ではなかったのだけれど、かなり不愉快な滞在だったことは否めない。

ビザ無しの身とは言え「部屋から一歩でも出たらただじゃおかねーぞ!」的空気と見張りが、実に刑務所的だ。冗談ではなく、見張りはドアを開けただけで謎のロシア語で怒鳴りつける。小腹が空いても割高なルームサービスを取るしかないし、しかもレセプションが電話に出ないことは当たり前だ。私は金を出してまでまた泊まりたいとは思えない。

そこで今回は復路のモスクワ観光も考えてダブルエントリーのトランジットビザを取っておいた。手間はかかるけれど自分で手配すればロシアのトランジットビザは無料だ。ダブルエントリーにしておけば往復それぞれ3日までロシアに滞在することができるし、割高で不愉快なビザ不要のトランジットホテルに泊まる必要もなくなる。

部屋は窓無しのバジェットルームからスタンダード、スーペリア、ビジネスと部屋ランクがあがり、お値段は時期にもよるけれど5000円台からと考えておけばおおよそ間違いない。私はもちろん窓無しのバジェットルームに泊まった。



私には贅沢過ぎる程の部屋だ。ちなみに飲料水は廊下にあるウォーターザーバーを使う。

更にはこのお値段には朝食も含まれていて、これもなかなか悪くない。



スカイポイントは窓無しのバジェットにもツインがあってやはり5000円程からなので、1人あたり2500円からこの朝食つきで泊まることができる。空港からの無料シャトルも最悪でも30分、普通は12分かもっと短い時間待てば良い。

トランジットビザ、取って良かった。

とホテルに満足をして周辺を少し散歩していたら、駐車場の近くにこんなのがあった。スカイホステル、ホテルと同じ系列のホステルらしい。

「系列ということは、空港からの無料シャトルに乗ってやってくることができるのか」、と内部を見学させてもらう。


レセプションの恐ろしく無愛想なスタッフに1泊いくらか聞くと、400ルーブルと言う。日本円だと681円、これはもう少し詳しく調査する必要がある。


廊下にはロッカー、これは貴重品を管理するものだな。ドミトリーで鍵付きロッカーがないと貴重品を抱いて眠らなくてはならず面倒なのだが、ここではその心配はなさそうだ。


シャワーもまぁまぁ清潔だった。脱衣スペースはないけれどこれは国外のドミでは普通のことだ。


キッチンにコンロはなく、電子レンジが1台あるだけ。調理らしいあまり調理はできないと言って良い。冷蔵庫は3つある。それなりに食材があるのは、ここに何日かそれ以上か滞在する人もいる、ということなのかな。


部屋のドアが開いていたので、中を見せてもらう。散らかってはいるけれど、部屋は不潔ではない。むしろ600円台の宿としては上出来な方だと思う。

そしてこの散らかり方は、1泊だけの滞在じゃない人も少なくないことを思わせる。洗濯物も干してあるくらいだ。

そうかぁ、モスクワに到着してベッドに困ったら、とりあえずシャトルバスに乗ってここにくれば、681円で体を横にして眠ることができるのか。覚えておこう。

ホテルにはカフェテリアもあるけれど、そこはホテル、お値段は決して安くはない。夜セットを食べると760ルーブル(≒1300円)から。日本を出てすぐ1泊のトランジットだけならカップ麺を1つカバンに忍ばせておくのもありだと思う。

「では近くの店で」となるところだが、スカイポイントホテル周辺には高速道路と僅かな店舗しかなく、食事をできるのは2軒だけだ。

うち1軒はサブウェイ。サンドイッチ単品が200ルーブル前後、安いセットでも300ルーブル前後と、ホステル1泊の部屋代に迫る値段だ。


もう一軒は中華料理店。サブウィイのすぐそばにある。メニューを見せてもらえますか?と尋ねたところ、快く許してくれた。

よく分からない単品が110ルーブルから、料理3品とご飯、そしてスープかコーヒーがついた定食は300ルーブル。米食民族の私としては、サンドイッチよりこちらが良い。まぁ写真をお願いしただけで実際には食べてはいないんだけれど。



最近では空港から歩いて5分のホステルなどというものもあって、シェレメーチエボ周辺は一昔前からは考えられない状況なのだけれど、これはロシアビザが不要な国が増えてきたためでもあるのだろう。私達日本人は長い乗り継ぎが嫌で空港周辺に1泊するだけれでもビザがいるのに、香港や韓国、タイなど約50の国はビザ無しでロシアに入れる。うらやましい。

2週間とは言わず3日だけでもいいから、日本人もビザ無しで入れればいいのにねぇ…。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-アゼルバイジャン, アルメニア, グルジア, コーカサス, ジョージア, ロシア/ウクライナ/モルドバ/ルーマニア/トルコ
-, , ,

スポンサーリンク