世界、大人の社会科見学!

上の「世界、大人の社会科見学!」の題字をクリックすると記事一覧へ移動します。観光の王道から微妙に外れた、ちょっとへそ曲がりな海外・国内旅行記です。

スポンサーリンク

旅の道具 雑件・その他いろいろ

Ankerの超小型軽量USB-CアダプタATOM PD1とmagsafe2↔USB-PDという怪しい中華ケーブルを得て、5年前のMacbook Air 11が生まれ変わった件

2019/04/06

私は必ず旅先にPCを持っていく。

持っていくのは2種類で、短期の場合にはLenovoのYOGABOOK、これは2017年の5月に購入した。

このPCの凄さは680Gという軽さと10mmに満たない薄さ、そして360度開くヒンジだ。折りたたみ方によってタブレットにも自立型モニタにもなるこのwindowsマシンは、ACアダプタがUSB端子タイプで、純正の充電器なら12V/2Aでの急速充電もできる。

キーボードが物理キーボードではないので慣れないとかなり使いにくいのが難点だけれど、これは厚さ1cm以下であることとのトレードオフだ。荷物の小さい数日の旅行なら、これ一台あれば大抵のことはなんとかなる。が、iCleverの折りたたみ式Bluetoothキーボード(IC-BK06)も結構使っていることは告白しておこう。

個人的に、折りたたみ式Bluetoothキーボードに関しては現在IC-BK06以外の選択肢はないと思う。同じiCleverの折りたたみ型Bluetoothキーボードでも、これ以前のモデルは重くて厚ぼったくって持ち運ぶ気にはなれない。BK06があってこそのiCeverだとすら思う。私はyogabookはもちろん、スマホで長文を入力する時にも使う。


そしてそこそこ長期の旅行ではMacを持っていく。とは言っても新鋭機ではない。Macbook air 11、購入したのはもう5年前の2014年だった。そんなに昔だったのだなぁ。

基本的にwindowsユーザである私がmacに手を出したのは、ポイント還元を考慮すると7万円台という安さのためでもあったけれど、Macbook Air のハードウェアが気に入ったためでもある。世に11インチモニタのPC類は山ほどあるけれど、「剛性と軽さ」という観点ではMacbook Airが最強だった。

当時のwindowsパソコンとはまるで違うこぢんまりとしたACアダプタも、お気に入りだった。しかし新しいMACBOOKとは違い、電源アダプタはUSB-C規格ではない。まぁ5年前のMacにそんなことを求めるのは無茶と言うものだ。

と思っていたら、中国輸出サイトにとんでもない製品が売られているという話を聞いた。古いMacbookのMagsafe2電源端子をUSB-Cをつなぐケーブルがあるというのだ。調べて見ると本当だった。

 

画像は https://bit.ly/2UwOb8L より

本当にこんなケーブルが存在するとは、だけれど、ここは悩んでいる時間はない。私はさっそく注文をした。中華通販サイトにはデタラメな製品を売るケースがあることは身をもって体験してはいるけれど、今のところaliexpressに関しては少なくともスペックに偽りがある商品が届いたことはない。

そして中華通販としても遅めな3週間少しが経った後、モノは届いた。

確かにケーブルの一方はUSB-C、そしてもう一方はMacのMagsafe2に見える。半信半疑と言いつつこれを楽しみに注文しておいたAnker Powerport Atom PD1とつないでみる。こちらは注文の翌日に到着した。


2014年のMacbook Air 11、普通に使えるし。
怪しい中華ケーブルの癖に充電中はオレンジ、充電完了後は緑に光るし。



発売直後からその革新的な性能でネットを湧かせたAnker Powerport Atom PD1は、USB-CのPDで30wを供給する。Macbook Air に同梱されていた純正のACアダプタは45w、果たして30Wで充電できるのか少しだけ心配をしたのだけれど、充電にも実使用にも何の問題もない。一般にMacbook Air の消費電力は10-20w程度と言われている。

今まで使っていたACアダプタとPD1の重さをケーブル込みで測ってみた。まずは純正ACアダプタは197g

Anker Powerport Atom PD1と怪しい中華ケーブルはあわせて94g。半分以下の重さになった。

そして重さ以上にその大きさの違いがうれしい。体積までは測ってはいないけれど、数分の1であることは間違いない。

ちなみにPD1の重さは僅か54g。新しいMacbookの純正USB-C(PD)電源アダプタが62gなので更に8g軽いことになる。

USB-C(PD)充電以前のMacbookを使っている人にこれは大変な朗報だ。Magsafe2を搭載したMacなら、重くて大きな(という程ではないのだけれど)純正ACアダプタから解放され、ケーブル込みでも100g以下の小さな充電器を利用することができる。少しでも荷物を減らしたい旅行者にとって、これは大変な朗報だ。使わない手はないと本気で思う。

使えるのはMagsafe2を搭載した旧Macbook限定の話なのだけれど、幸運にも5年落ちのMagsafe2搭載Macbookair 11は、まだまだ旅先で活躍することになった。まだまだ5年しか使っていないし、あと5年は使いそうな気がする。

実際には半分近くの時間はbootcampでWindowsが走っているのだけれど。

Anker Powerport Atom PD1のただ事ではない小ささは、人工衛星にも使われる窒化ガリウムを使うことで放熱を避けエネルギー効率を上げているらしいのだけれど、その原理は私には全く分からない。ただ製品を知った時「やっぱりankerってすごい」と思ったのは正直なところだ。anker信者は世間に以外と多い気がするし、実は私もその一人だった。

アドセンス関連コンテンツ

応援投票クリックしていただけるとうれしいです! → にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村 本日のランキングはこちら

 
関連記事と広告


-旅の道具, 雑件・その他いろいろ
-, , , ,

スポンサーリンク